マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

2016年7月17日 (日)

二上山 一刻の晴れ間。

○  梅雨のさなかの夕方、二上山の麓に、一刻の晴れ間があった。

  南大阪・太子町の自宅庭より撮影。(H28.7.15 18:37)

28715_1837
                                            おわり

2016年7月15日 (金)

映画 「聖の青春」 公開日 11月19日(土)に決定!

News_header_2

○  待望の映画 「聖の青春」 の公開日(全国ロードショー)

  は、11月19日(土)です。村山ファンは必見です。

 

              [映画.com]7月15日(金)8時00分 配信 ポスターPhoto_3

Photo

              出演者と役柄

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6          原作モデルは、大崎善生 元将棋世界編集長(現作家)

Photo_7         原作モデルは、増田裕司現六段(森師匠の2番弟子)でしょう。

Photo_8            原作モデルは、先崎学 現九段。1歳年下だが気が合った

Photo_9        原作モデルは、滝誠一郎八段(H25年引退)。曾て森師匠と                   

        同門(兄弟弟子)だった。

                                   おわり                                    

2016年6月17日 (金)

映画 「聖の青春」の配役判る。

〇  [映画. com ニュース] 6月17日 05:00 は、注目の羽生善治役に

 東出昌大が出演していると報じた。(以下、写真など同記事より)

               写真下:左 羽生善治   右 東出昌大Photo_2
〇  同記事によると、村山聖役の松山ケンイチ(既発表)の他、

 師匠・森信雄役をリリー・フランキー母・トミ子役は竹下景子が演じる。

 さらに、染谷将大、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆らが脇を

 固めている。 

Photo_3
〇  映画 「聖の青春」(監督 森義隆)は、今秋、全国で公開される。

   上映 123分  配給 KADOKAWA

                                      おわり

2016年6月 7日 (火)

コガタ スズメバチの巣。

〇  今朝、庭の棒樫の茂みで、コガタ スズメバチの巣を見つけた。

 以前、商売をしている小生に、商売繁盛ため玄関に飾っておけば良いと

 貰ったことがあった。残念乍、毀れてしまって長持ちしなかった。

〇  早速、持主の居ないことを確認して、失敬した。大事に飾っておこう。

20160607_001

20160607_004

20160607_005

〇  この巣は、越冬を終えた女王バチが、5月頃に単独で巣作りをした

 もので、徳利かフラスコのような特異な形をしている。子育てのため、

 一匹で懸命に作ったのに、御免。

                                      おわり

2016年5月21日 (土)

蓮の花

             このブログをご訪問ありがとうございます。

Ts3r0038

                 次の記事から、ご覧下さい。

  村山聖、「聖の青春」関係の記事は、左右のサイドバーの一番上にある、マイフォト≪聖の青春≫、マイフォト≪聖の闘魂≫や、カテゴリ欄にある「故村山聖九段」クリックして下されば、多様な写真入りの記事がご覧頂けます。

2016年4月 9日 (土)

二上山・馬の背からの日の出。

〇  二上山の雄岳と雌岳の間を馬の背と云う。一年に2回(4月と9月の

 上旬)、この馬の背から日が昇る。しかし、“春に三日の日和なし”の譬え

 の通り、中々、素晴らしい日の出にお目にかかれない。今年こそと期待

 していたが、以下の写真の通り、今一歩だった。何れも自宅の庭からの

 眺め(撮影)。  写真の上でクリックすると、画面一杯に拡大します。

             写真下:4月6日 06:14分  まだ稍、右(雌岳)寄り。H2846_0614
             写真下:4月6日 06:16分H2846_0616
                     4月7日 雨降りで見えず。

            写真下:4月8日 6:23分 変な雲に覆われ見えず。H2848_0623
           写真下:4月9日 6:08分 馬の背の真ん中から昇る。H2849_0608
           写真下:4月9日 6:12分 薄雲が邪魔をする。右に飛行機雲。H2849_0612

                      また、9月上旬に期待。

                                         おわり

2016年4月 6日 (水)

「聖の青春」の前田アパート・浦江公園 爛漫の春。

〇  今秋封切りされる映画「聖の青春」の主人公・故村山聖九段の終生

 の住まいだったとも云える前田アパート。春に訪ねるのは始めてだった

 道を隔てた東側にある浦江公園の桜は満開だった。まだ朝8時半過ぎ

 だったので、万朶の花の下、酒気を帯び、蹣跚と歩く 御仁や花見客の

 輪には、流石に出遭わなかった。

 

   まずは、村山さんが過ごした日常生活のトライアングルの一角・前田

 アパートと浦江公園周辺の春を篤とご覧あれ。

   写真の上でクリックすると画面一杯に拡大します。 

                    村山さんと一緒にお花見をしましょう。

             写真下:真ん中の桜の木の向こうが前田アパート。 20160406_001

             写真下:左の道路中ほどに白く見えるのが前田アパート。20160406_007

20160406_003

20160406_004

            写真下:花の向側は、金蘭会中高校やシティタワー西梅田。20160406_005

20160406_014

             写真下:2階真ん中やや左が村山さんの部屋。
             現在空家だが、風通しの為、ガラス窓が開けてある。20160406_012

20160406_010_2村山さんがお世話になった三谷工業社長さんとの立ち話。

 もう、此処で仕事を始めて45年になる。

 村山さんは、日常生活の全てが将棋と体の管理だったので、満開の桜を愛でる気持ちの余裕があったか如何か。

 体調の悪い時は、何日も水道のぽとり落ちる水音を聞いて過ごしていた。

 路地から通りへ出るだけでも大変な時があった。

 

Photo_3

写真左:前田アパート南側の路
地。奥にアパートの入り口がある。

写真右:20数年前の前田アパートの路地と村山さん。                              

 

 

20160406_016

            〈付録〉 写真上: シンフォニーホール前の並木道。

                                       おわり

2016年3月 1日 (火)

 -苦々しい 日本語の乱れ-

             2015.10.04 フィリーズ戦の8回、マーリンズ4番手の

             投手としてメジャー初登板したイチロー投手。Photo

○  イチロー、将来は得票率95%超で米殿堂入り?「彼の数字は常軌

    逸してる」

   これは、過日、ある“野球・MLBの総合コラムサイト”を見ていたら、目

 に飛び込んできた記事の見出しで、マーリンズ最古参の番記者の発言を

 訳したものだ。番記者はイチローの安打数や盗塁数が偉大だと言って

 いるのに、日本の訳者は日本語の使い方を誤ったのだ。

  「常軌を逸する」の用法は、悪い性質や状態を表現する場合であって、

 用例 「ーーー振る舞い」のように使用するものだ。                                    

 

○  「生き様(ざま) ・・・ 「死に様」からの連想で使われだした語で、用法は

 “凄まじいまでのーーー”のように、その人の生きる態度(姿勢)を表わす

 肯定的な意味での使用法だ。然し、’90年代以前の辞典には、「死に様

 (ざま)」しか記載されていない。「死に様」を転用した新しい言葉なのだろう

 が、本来、「様(ざま)」とは、「無様(ざま)」、「この様(ざま)」、「様(ざま)みろ」のように

 あまり良くない意味合いを含む言葉なので、恬として恥じず無神経に使用

 するマスコミ・芸能人などの気が知れない。「生き様(ざま)」は使いたくない

 (定着して欲しくない)言葉の一つである。

  

○  「憮然(ぶぜん) ・・・ 「憮然たる面持(おももち)で」の意味を問う調査(H19年

 文化庁)をみると、①腹を立てている様子・・・70.8%、②失望してぼん

 やりしている様子・・・17.1%という結果が出ている。

  本来的には、「憮然」は、失意のさまを表わし、悵然(悲しみ嘆くさま)、

 憫然(憐れむべきさま)に近い意味の言葉なのだ。従って、用例としては、

 「---として溜息ばかり吐(つ)いて」のように使用して欲しいものだ

 

○  「姑息(こそく) ・・・ 用例 「姑息な手段」 ・・・ “その場しのぎの手段で

 ごまかそうとする”など、良くない場面で多用されているため、卑怯、不正

 の意味を強調する誤った使用例が多い。本来、「姑」は、“しばらく”、「息」

 は“休息”の意味だから、「一時の間に合わせ、その場しのぎ」の意味に

 限って使用して欲しいものだ。

                                        弥吉

   

2016年2月 4日 (木)

「聖の青春」の映画化正式発表!

News_header 2h2823_600

1h2823_600

〇  本ブログは、故村山聖九段関係の多彩な記事を掲載している為、

 昨日来(2月3日午前6時から)、異常とも云える多くの来訪者が続いて

 いる。

  (シネマカフェの映画化発表記事ご参照。  2016.02.03 6:00 )

  URL: http://www.cinemacafe.net/article/2016/02/03/37545.html

〇  本ブログへのご来訪を機会に、左右のサイドバーにあるマイフォト

 ≪聖の青春≫≪聖の闘魂≫や、カテゴリーの「故村山聖九段」をクリック

 して、豊富且つ多彩な写真入りのエントリーを是非ご覧下さい。

2016年1月18日 (月)

元毎日オリオンズ 榎本喜八選手(故人) 野球殿堂入りなる!

○  今年(2016年)の野球殿堂入りが本日(1月18日)発表され、

 エキスパート表彰で榎本喜八氏が選出された。過去2年間、該当なし

 だったが(榎本氏の獲得投票数は、昨年1位=66票、一昨年2位

 =49票で、有効投票者数の75%に達せず)、漸く、榎本喜八選手の

 名前が野球殿堂に飾られることとなった。見巧者には、打撃部門に

 限って言えば、彼の名前のない野球殿堂など、気の抜けた山葵(わさび)

 のようなものだった。野球殿堂も、少しは、背筋の通った殿堂になった。

  榎本喜八氏の詳細については前エントリー(2015.12.23付)をご参照

 賜度。

○ エキスパート部門の投票結果 (有効得票数110、当選必要数83)

   ①榎本喜八 83②平松政次 70、 ③星野仙一 69、 ④権藤博 以下略

 

              打撃フォームの見本と称賛された往年の榎本選手。  

Photo

○  榎本喜八選手の2年先輩、西鉄ライオンズ黄金時代の主軸打者

 豊田泰光選手(昭和28年プロ入り)は、同時代のパ・リーグ打撃争い

 でライバル関係にあった。

  豊田氏は、引退後 TVやラジオ解説をする傍ら、新聞・雑誌等に辛口

 の評論コラムを書いて好評だった。その豊田氏が、榎本喜八の没後に

 「名人は何も残さず」と題する心のこもった追悼文を日経新聞の連載

 コラムに掲載しています。榎本喜八の神髄を表わした素晴らしい文章

 なので紹介します。

                 平成24年4月5日付日経新聞コラム チェンジアップ

             「名人は何も残さず」

  通算1000本安打、2000本安打達成の最年少記録を持っていた榎本喜八

 (毎日=現ロッテなど)がなくなった。テレビの番組で張本勲が川上哲治さんと

 並ぶ偉人として挙げたそうで、これはもう誰もが認める天才だ。

  打撃に関し、あれほど純粋で情熱的な人をほかに知らない。一塁守備に

 ついていても、気になるのは打撃で、ついつい構えていることがあった。

  技術において、その右に出る者はいないのに、私などにもしきりに意見を

 求めてくるのだった。

  打撃の神様と並ぶ人に、私が何を教えられるというのか。うかつに答えると

 突っ込まれて、延々と話が続くので参った。わたしの情熱などは彼の探究心と

 比べたら10分の1にも満たなかった。

  孤高の人は周囲から敬遠されがちな面があった。しかし、榎本のいくところ、

 常に少年たちが群がっていた。守備中に打撃のポーズを取っているような選手

 は、一緒に守っている仲間には少々迷惑だったろう。

  それだけ夢中になれることのすごさを子供たちだけは知っていた。

  「児戯に等しい」という言葉がある。あまりいい意味では使われないが、野球

 こそは堂々たる児戯だ。

  その原点に立つ榎本に引かれて、子供たちが野球場に行ったのもわかる。

 あれくらい本気で遊べている選手が今、いるだろうか。

  引退後はもうユニホームを着なかった。コーチとしてあの技術を伝授しなかった

 のは残念だったけれど「何も残さない」ということは名人として当然の成り行き

 だったのかも知れない。

  常々私は野球の技術は十人十色、一人一理論だと思っている。いろいろ学び

 はしても、最後は自分の体に合った自分だけの技術を身につけなけれならない。

  顔が悪いからといって他人の顔を借りられないのと同じで、技術も一身専属だ。

  名人といわれても、他人に教えられるものではないし、また教わって覚える

 技術は本物でない。そんな技術の奥底をうかがいみた人だからこそ、足跡一つ

 残さぬようにして去って行ったのではなかったか。

                        以上、日経コラム チェンジアップより。

  野球殿堂入りの対象者(候補者)選出基準や、表彰者選挙基準には

 不可解な点が多い。何故こんな選手が候補者に挙がっているのか、如何

 してこの選手がもっと早く選ばれないのかといった疑問も多い。

  当面の問題は、名球会復帰も果たした 江夏豊選手は候補者にも名前

 が挙がっていないが、彼が候補者に選考される環境を選考委員が如何

 したら整えられるかだろう。

  投手部門に限って言えば、江夏豊の名前のない野球殿堂など気の

 けたビールに過ぎないのだ。野球を愛好する日本人なら、江夏豊選手

 活躍した’67~’84年の18年間に、彼によって齎された血沸き肉躍る

 試合のシチュエーション・野球の醍醐味を決して忘れていないだろうから..。

                                       おわり      

«野球殿堂入りなるか 元毎日オリオンズ榎本喜八選手。

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。