マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 田植え | トップページ | 存命なら本厄 »

2010年5月 9日 (日)

至福のとき。

小生にとっての「至福のとき」は、日曜日の朝食のひととき。

食前、家の周りの落ち葉掃除で気持ちを清め、食卓につく。

50年以上愛読している日経新聞をひらき、一面を一覧して最終ページ

の文化爛へ。

名物コラム「私の履歴書」は、これまでに何百人のものを読んだこと

だろうか。随筆、小説などを読み終え、社会面・スポーツ面の大文字だけ

を目で追う。そして、教養欄へ。

瀬戸内寂聴さんによる「奇縁まんだら」が昨秋再掲載され始めたときは、

どんなに嬉しかったことか。今日は、作家の野上弥生子さんとの交流を

絶妙・巧緻な筆致で書かれている。

そして、読書欄へ。

傍らのラジオから、シューベルトの「樂興の時」のメロディが流れてくる。

NHK「音楽の泉」の始まりだ。解説者は皆川達夫氏。柔らかで穏やかな

声が音楽とよく合っている。この番組は、新制中学2年(昭和27年)の時、

初めて聴いた。思えば長い番組だ。そして、美術・「美の美」欄へ。

今日は、千利休がテーマ。 2ページにわたる記事を精読する。

食事を認めながら過ごすこのひとときは、なにものにも代え難い至福の

ときである。

« 田植え | トップページ | 存命なら本厄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/34602723

この記事へのトラックバック一覧です: 至福のとき。:

« 田植え | トップページ | 存命なら本厄 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。