マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 本因坊秀策の生誕地訪問。 | トップページ | オグリキャップに捧ぐ »

2010年7月 2日 (金)

プロボノ雑感

 企業や市民団体、或いは個人が社会に貢献しようとする、メセナ、NPO、ボランティア、プロボノなどの諸活動とは一番遠いところを今日まで歩んできた。

 昭和30~40年代の高度成長期を企業で懸命に働き、気がつけば体がぼろぼろになってしまっていた。まだ気力のあるうちにと40歳で脱サラをし、家族を養うという一点だけのために様々な仕事を経験し乍、今日まで生きぬいてきた。仕事は子供に譲ったが、生活のゆとりはない。

 70歳を超えた今日、さらに社会に貢献しようという行動力は残っていない。直接的な社会貢献は、日本が右肩上がりの時代に し過ぎる程した自負がある。

 好きな碁を打ち、息災な生活を送ることが結果的に社会貢献することになるのだろう。

                                               おわり  

« 本因坊秀策の生誕地訪問。 | トップページ | オグリキャップに捧ぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/35609480

この記事へのトラックバック一覧です: プロボノ雑感:

« 本因坊秀策の生誕地訪問。 | トップページ | オグリキャップに捧ぐ »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。