マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 坂田栄男二十三世本因坊逝去。 | トップページ | 憂いの表情をみせる聖。村山聖ファン必見! »

2010年10月27日 (水)

失せ物(うせもの)見付かれり! 大刀二本! 大仏の膝下に!

○  756年に歿された第45代聖武天皇の遺品六百余点を光明皇后は東大寺大仏に献納された。その際の目録「国家珍宝帳」に記載され、その後「除物」という付箋が付され所在不明となっていた二本の大刀が見付かった。

Img033 ○  何と、それは大仏様の右膝下に埋納されていたのだった。

○  1907~8年(明治40~41年)大仏殿改修の際、蓮華座の近辺で見付かった二本の大刀をエックス線調査をした結果それと判ったのだそうだ。

○  100余年前に見付かった大刀などの埋納品は、従来大仏の地鎮具だと考えられていた。

○  しかし、此度の発見によって、地鎮具ではないことが明白となった。

○  何故かといえば、大仏開眼法要は752年に済んでおり、大刀は756年に東大寺に献納された後、光明皇后崩御の前年759年に持ち出されているからだ。

○  単なる地鎮具ではなく、そこには聡明で慈悲深く広い心を持ち先帝をこよなく愛された光明皇后の大きな意思が感ぜられる。

○  正倉院展に足を運ぶ度に思うのは、光明皇后の存在が如何に大きかったかということと、1250年前の人ではなく息遣いの聞える身近かな存在として親しみを感じることである。

   

« 坂田栄男二十三世本因坊逝去。 | トップページ | 憂いの表情をみせる聖。村山聖ファン必見! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/37405245

この記事へのトラックバック一覧です: 失せ物(うせもの)見付かれり! 大刀二本! 大仏の膝下に!:

« 坂田栄男二十三世本因坊逝去。 | トップページ | 憂いの表情をみせる聖。村山聖ファン必見! »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。