マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の投稿

2010年12月30日 (木)

故村山聖九段 ・ 帰り来ぬ雄姿!

 NHK杯トーナメント60回を記念して「NHK杯名勝負十局」の特番が12月25日に放送された。そして、第47回の決勝戦 村山聖八段vs羽生善治四冠 の一戦が第3位に選ばれ、対局前の両者の決意表明や対局内容が放送された。下の写真は、村山聖生前の雄姿。

(TVより)Photo

〇  この放送の後、ブログを通じて交わした村山の師匠森信雄七段と小生(弥吉)との コメントの交換。

モリノブ様

 NHK杯名勝負十局で故村山聖九段のもう帰り来ぬ雄姿を観て切なくなりました。

                 by今川弥吉(2010-12-26 09:45)

今川弥吉様

  村山聖九段の将棋が名勝負十局に入っていてうれしいです。山崎七段からも連絡がありました。時の流れはあっても、村山聖九段の姿は懐かしいです。

                 byモリノブ(2010-12-29 10:34)

upwardleft左欄一番上の小さい写真をクリックして下さい。マイフォト≪聖の青春≫アルバムが開きますので030 NHK杯決勝戦 と 190 NHK杯 をご覧下さい。 heart04

2010年12月 5日 (日)

故村山 聖九段 ・ 純粋無垢な心の表われ。

Photo

 ありし日の村山聖の表情。彼の笑顔をみると心が和む。だれでも人間は不純性と純粋性とをもっているが、彼の生き方には僅かの不純性もない。

 聖がプロ棋士への思いを募らせる大きなインパクトとなった 真剣師 小池重明との運命的な出会いなどは、13才の子供とはいえ聖の発信する純粋な魂の光が小池を引き寄せ、小池も 聖の純粋な魂を感じ取り呼応したのだと思う。そして聖も、小池の純粋な心(真心)から発した笑顔、励ましの言葉を然(しか)と受け止め、心を奮い起たせたのだと思う。      弥吉

㊟小池重明については、右サイドバー欄一番上のマイフォト≪聖の青春≫のアルバム 055 真剣師小池重明との出会い をご参照下さい。

 右サイドバー欄 一番上の小さい写真をクリックして下さい。マイフォト

 ≪聖の青春≫アルバムが開きます。ぜひ、ご覧下さい。heart04

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。