マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 初冠雪の二上山 | トップページ | 聖、穏やかさ と ゆとりの表情。 »

2011年2月22日 (火)

サングラスをかけてご機嫌の聖。

Photo

○ 写真嫌いの村山 聖を撮るのに森師匠はかなり苦労されたらしい。

 この写真もサングラス姿が珍しいので急いで撮られた由にて、ピンボケ気味。

○ 撮影日時は不詳であるが、以下の遣り取りから かなり高段位になってからのものと思われる。

  森 師匠 「何で サングラスなんか掛けるや?」

  村山 聖 「はあ、街を歩くときに 目立たないようにした

        い ので...」

  森 師匠 「村山君がサングラス掛けたら、余計 目立つ ぞ」

この師匠にしてこの弟子あり、何だか掛け合い漫才のようである。

                                        おわり

« 初冠雪の二上山 | トップページ | 聖、穏やかさ と ゆとりの表情。 »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

本の中にも随所に、村山さんのユーモアのセンスを浮き出させるエピソードが描かれていますよね。
大好きです。
厳しい病との同行でありながら
常に・・・というより、ごく自然に、朗らかで明るい本来の純粋さや暖かさがありました。

もしご健康であられたなら、森先生とは一見タイプの違う
でも、暖かさと辛らつさを兼ね備えて
まるで、森羅万象のような名人になられたでしょうね・・・。
素人考えですけど。

拝見する側もつられて照れ笑いしてしまう、チャーミングなお写真だと思います。

いつも、ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/38975149

この記事へのトラックバック一覧です: サングラスをかけてご機嫌の聖。:

« 初冠雪の二上山 | トップページ | 聖、穏やかさ と ゆとりの表情。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。