マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« サングラスをかけてご機嫌の聖。 | トップページ | 二上山 馬の背からの日の出! »

2011年3月 9日 (水)

聖、穏やかさ と ゆとりの表情。

Img063 〇平成4年3月10日、村山聖六段は順位戦最終局を勝ち、前年6月から10戦全勝という圧倒的な成績でB級2組への昇級を決めた。

3年余の苦渋に満ちた足踏みを払拭する鮮やかな昇級劇だった。

〇この写真は、その翌日森師匠が大阪城公園へ連れ出し撮った多くの写真の中の1枚。

〇紅梅が咲き、うららかな春日和だった。

〇体調も良かったのだろう。聖の表情は名人への道を 一歩踏み出した 喜び(穏やかさ)と 自信(ゆとり)に満ちている。今から19年前のことだ。

〇森師匠は、昨年懐古談でこう語っている。「将棋世界からの依頼だったので、渋る村山聖を説得した。“あのなあ、好きで弟子の写真を撮る師匠がどこにおるんや?頼まれたから撮るんやからなあ”」 

〇森は前日の夜にも福島界隈を歩いて(村山を)撮った筈だが、そのフィルムがどこにあるか いまだに見つかっていない。  早く見つけてくれ。 弥吉より

upwardleft左欄 一番上の マイフォト≪聖の青春≫をクリックして ビジュアルな「聖の青春」を是非、ご覧下さい。コメントもお寄せ下さい。heart04 

« サングラスをかけてご機嫌の聖。 | トップページ | 二上山 馬の背からの日の出! »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

今川様。
地震、スゴかったですね。
M9.0だなんて、日本は今後どうなってしまうのか、とても不安です。
ところで。
ブログ、全部読みましたよ。
『聖の青春』の舞台になった場所まで行ってるんですね。
うらやましいです。

あと、別の記事に、NPO的なものとは無縁な人生だったと書いてありましたが。
私は、NPO的なものにかかわっている人が特別エライとは思いません。
ちゃんと家庭をもって、子供を成人させることだって、同じくらいエライと思います。
では。

あーいい写真・・・・・・!

こんにちは。

サイトを開いた瞬間、心の中で呟いてしました。
命ギリギリでも決して弱音を漏らさず
逆に隠すようにして将棋に命を傾けた村山さんだからこその
安堵と喜びの笑顔何だと思います。

御病気の苦しさも、将棋の厳しさも知らない私にまで
その、ぬくもりの様な喜びの気持ちだけが届いてきます。

森先生が見失ったフィルム・・・私も是非発見して頂きたいです(笑。

今回も、素敵なお写真、本当にありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/39171583

この記事へのトラックバック一覧です: 聖、穏やかさ と ゆとりの表情。:

« サングラスをかけてご機嫌の聖。 | トップページ | 二上山 馬の背からの日の出! »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。