マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 二上山 馬の背からの日の出! | トップページ | 本因坊道策の生誕地を訪ねて。 »

2011年5月23日 (月)

葛城高原自然つつじ園

〇先週末(5月21日)大阪と奈良の府県境にある葛城山(標高959m)に登った。麓近くに35年間も住んでいながら初めての登行?だった。
(登山口駅まで車で行き、あとロープウェイを利用したので登山とは言いにくい)

〇登山口駅近くにあるお寺の境内片隅に群生していたシランとあやめ。

Photo_38

   Photo_39

〇登山口駅から見る 山容とロープウェイ。細やかで
 
多様な緑の若葉が目に沁みる。

Photo_40

〇大和盆地は霞んでいた。真ん中に見えるのは大和
 三山の一つ畝傍山。
Photo_41

〇午すぎに葛城山上駅に到着。気温19℃。緑のトンネルを10分ほど歩くと視界がひらけ、葛城高原自然つつじ園に着いた。Photo_42

   雄大なスロープにつつじの絨毯。素晴しい眺望だ。
  
つつじの花がちょっぴり盛りを過ぎていたのが残念。
  (下の写真のうえでクリックすると、画面一杯に拡大される)
Photo_52

Photo_46

                  おわり 弥吉

 

« 二上山 馬の背からの日の出! | トップページ | 本因坊道策の生誕地を訪ねて。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/40096501

この記事へのトラックバック一覧です: 葛城高原自然つつじ園:

« 二上山 馬の背からの日の出! | トップページ | 本因坊道策の生誕地を訪ねて。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。