マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 村山聖と更科食堂 ーその1ー                            (やっと、憧れの焼き魚定食を食べた!)  | トップページ | 二上山 馬の背 からの日の出。のろのろ台風12号 うらめし! »

2011年8月23日 (火)

村山聖と更科食堂 -その2-

〇村山聖は更科食堂によく通った。13歳で森信雄四段(当時)に弟子入りし、翌年師匠のアパート(市山ハイツ)に住み込み始めてからは、二人で毎日のように通い、店の人からは母親に逃げられた父子では?と思われていた。

〇その後、前田アパートで自立生活を始めてからも殆ど毎日のように利用した。聖のお気に入りは「焼き魚定食」だった。

〇下の写真は、聖の弟弟子である山崎隆之現七段が自分の修業時代を振り返って、更科食堂と 「焼き魚定食」を推奨している6年前(2005年)の新聞記事の切り抜き。(更科食堂の壁に貼ってある)

☆写真の上でクリック→拡大します。☆写真下の続きを読むもクリックheart04

Photo_2

〇店を経営するのはKさん夫妻。1971年、30才で独立。「田舎くさいけど、ホッとする味」が売り物。

〇1981年、近くに「関西将棋会館」ができると、プロ棋士の卵らも来店するようになった。その中に、当時中学生だった村山聖九段もいた。

〇記事より、経営者の妻 紀美子さんの話。

彼(村山聖)は、店の左奥の席で、疲れ切ったように、壁に身を傾ける姿が心に残る。幼い時から腎臓病と戦っていたと 死後、初めて知った。

「塩加減を薄くしてあげたのに」と、今も悔やむ。

〇同、山崎現七段の話。

「対局する可能性がある僕らには、そんな様子は見せなかった。ここは気を許せる場所だったんですね」

〇村山の足跡(そくせき)を追い、店に足を運ぶファンが今も絶えない。   弥吉  おわり

« 村山聖と更科食堂 ーその1ー                            (やっと、憧れの焼き魚定食を食べた!)  | トップページ | 二上山 馬の背 からの日の出。のろのろ台風12号 うらめし! »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ヨッシッシです。「聖の青春」、通勤時間を使い読んでいたのですが、感極まって、何度か涙が出てきました。特に高速流の谷川浩司打倒を目指して頑張っているところや、羽生善治に負け「何て強いんだ」と言ったところは、個人的にはかなり感動し、自分ももっと努力しなくてはと思いました。今度大阪出張があるため、福島駅周辺を訪ねてみたいと思います。
ヨッシッシ 2012/01/30@22:42:56

こんにちは。
コメントありがとうございます。
更科食堂、良かったです。今川さんのブログも事前に拝見させていただいていたため、
場所もすぐわかりました。 ご指摘の通り、羽生さんを連れていったのは福島食堂ですね。 また大阪へ行く機会もあるでしょうし、その際には立ち寄りたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
ヨッシッシ 2012/02/19@16:47:48

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/41324132

この記事へのトラックバック一覧です: 村山聖と更科食堂 -その2-:

« 村山聖と更科食堂 ーその1ー                            (やっと、憧れの焼き魚定食を食べた!)  | トップページ | 二上山 馬の背 からの日の出。のろのろ台風12号 うらめし! »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。