マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年11月の投稿

2011年11月21日 (月)

今年も村山聖に逢いに来た。

○ 11月20日(日)、午前11時半からの所用ありて大阪へ出かけた。やゝ早めに家を出て近鉄、JR環状線を乗り継いで、環状線福島駅で降りた。

Photo_3○ 写真(左)は駅のホームから見た「なにわ筋」。中程よりやゝ右上に関西将棋会館の茶色いビルが細長く見える。(9:41分)

Photo_5 ○ ガード下にあるOK1番街の入口。今日は日曜日で休みのためシャッターが下りている。(9:44分)

○ 聖と森師匠が母親のいない父子に間違えられるほどよく通った

「更科食堂」は、入口を入って右側にある。

○ 因みに、OK1番街とは、大阪で一番の食堂街 の意なる由。 

Photo_7○ 関西将棋会館の入口。

年配の男性が友達が来るのを待っている。2階にある道場で将棋を指すのだろう。(9:47分)

○ 今日ここへ来た目的の第1は「市山ハイツ」のあった場所を写真に撮ることである。時間に余裕がないため、会館には寄らず「市山ハイツ」の場所へ急いだ。

Photo_14 ○福島6丁目の交差点(写真左)を左に見ながら長い歩道橋を渡り、北側のブロックへと入る。(9:55分)

○ 「市山ハイツ」は、聖が森師匠との約1年間に亘る共同生活を終え広島へ帰って間もなく、地上げで取毀されてUZビルという6階建のビルに建替えられているのだ。

○ 6年前に撮ったUZビルの写真(下の写真)を片手に隈なく探したが見つからない。人に尋ねても分らない。

Photo_15

○ 周りの風景などを参考に約20分探した結果、漸く分った。 ○ 4年前に隣のビル所有者に買収され新しく建替えられていたのだ。それが左下の写真。(10:22) ○ 聖が森師匠と奇妙な共同生活をしていた場所に やっと辿り着いた。 ○ 聖は、ここで森の友人達、「必死」創りの名人来条克由等と慣れ親しんだのだ。そして、聖はここで 自然人で純なる心の持主 森師匠からも多大な影響を受け、心豊かに成長していったのだ。

Photo_17

Photo_19

写真上はシンフォニーホール。(10:27分) 写真下はシンフォニーホール前の並木道。(10:31分) 写真の上でクリックすると画面一杯に拡大しますhappy01 ○ ふたりで何度歩いただろう。紙袋を提げた村山聖の姿が焼きついている。時々、バッタリ会うこともあった。 (2007-05-17付 森信雄七段の大淀を歩く[写真日記]より) 

Photo_20

写真下は、上福島北公園南側の舗道。(10:33分) 舗道をまっすぐ行くと前田アパート方面、右へ行くとシンフォニーホール前の並木道を抜け大淀ハイツ方面へ の別れ道。

Photo_21

○ 何も用事がないときは、ここで別れた。トボトボと歩く姿を見届けて(大淀ハイツへ)帰る。村山君の行動範囲は限られていて、前田アパート、関西将棋会館、大淀ハイツ、書店、食堂、その半径1キロ界隈がテリトリーだった。余計なもののない暮らしだった。(2007-05-17付 森信雄七段の大淀を歩く[写真日記]より)

Photo

○ 市山ハイツのあった場所探しに時間を取られ、金蘭女子高校、福島食堂を経由して急いで関西将棋会館前まで還ってくると10:45分だった。前田アパートまでは行けなかった。村山聖の姿を求めた1時間余の短い旅は終わった。                                                                                                                                                                                        

2011年11月 3日 (木)

今年も正倉院展

○ 昨日(11月2日)奈良国立博物館で開催中の正倉院展を観てきた。今年の目玉はやはり ① 香木 「蘭奢待」と ② 刀 「金銀鈿荘唐大刀」だった。

Photo
左の写真が①香木「蘭奢待」(らんじゃたい)

○ 東南アジアの産で、海のシルクロードを伝い、齎されたと思われる。

○ 何度も写真では見たことがあったが実物を観るのは初めて。

○ 実物は、長さ156cm、重さ11.6kg もあり、かなりの大きさ。流通の過程のほか正倉院に納められた後にも一部を切り取られ無慚な姿。50ヶ所以上の切り跡があり、38人以上の人が切り取ったとの調査がある。

○ この香木の芳香に魅せられ、時の権力者などが失敬したのだろうが、実物(上の写真)には切り取り場所が確認できる3人について名を記した付箋が貼ってある。

○ 以前写真を見た時には、付箋に墨書された字(内容)が読み取り難かったが、実物を観て判明した。右側から順に、足利義政拝賜之處、織田信長拝賜之處、そして(離れた左端)  明治十年依勅切之と読めた。

○ 義政は1465年に正倉院を拝観した折、信長は1574年に奈良の多聞山城に居る時、左端は1877年に明治天皇が奈良に行幸し宝物観覧の後、各々切らせたのである。切り取った年代により、切り口の色合いが微妙に異なるのが面白い。

Photo_31
左の写真が②刀 「金銀鈿荘唐大刀」(きんぎんでんそうのからたち)の部分と全容。

☆写真の上でクリックすると画面一杯に拡大しますheart04

○ 正倉院御物を記した「国家珍宝帳」には100本以上の大刀の名前が記されているが、大半は戦乱の折、朝廷側が持ち出し、現存するのは本件を含め3本のみ。

○ 全長99.9cm。一見して、繊細にして華麗。唐草模様を高度な透かし彫りにした金具(冑金、山形金物など)には水晶やガラスが嵌められている。

Photo_4

○ 刀の柄は鮫皮で巻かれており目貫や鍔・縁金にも高度の技が見られる。

○ 全体的に洗練された美しさが見事で、とても実用的なものではなく、儀式に用いる装飾儀仗用の大刀だったと思われる。

○ しかし、奈良時代に一度出蔵され、その後宝庫に戻されたという歴史があるそうだ。

○ この大刀は、中国(唐)から伝わったものだろうが、とても1250年以上前に製作されたものとは思えない瑞々しさに驚かされる。  おわり

↓下の ≫続きを読むをクリックして下さいheart04

続きを読む "今年も正倉院展" »

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。