マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 今年も正倉院展 | トップページ | 氷雨の上がった二上山。 »

2011年11月21日 (月)

今年も村山聖に逢いに来た。

○ 11月20日(日)、午前11時半からの所用ありて大阪へ出かけた。やゝ早めに家を出て近鉄、JR環状線を乗り継いで、環状線福島駅で降りた。

Photo_3○ 写真(左)は駅のホームから見た「なにわ筋」。中程よりやゝ右上に関西将棋会館の茶色いビルが細長く見える。(9:41分)

Photo_5 ○ ガード下にあるOK1番街の入口。今日は日曜日で休みのためシャッターが下りている。(9:44分)

○ 聖と森師匠が母親のいない父子に間違えられるほどよく通った

「更科食堂」は、入口を入って右側にある。

○ 因みに、OK1番街とは、大阪で一番の食堂街 の意なる由。 

Photo_7○ 関西将棋会館の入口。

年配の男性が友達が来るのを待っている。2階にある道場で将棋を指すのだろう。(9:47分)

○ 今日ここへ来た目的の第1は「市山ハイツ」のあった場所を写真に撮ることである。時間に余裕がないため、会館には寄らず「市山ハイツ」の場所へ急いだ。

Photo_14 ○福島6丁目の交差点(写真左)を左に見ながら長い歩道橋を渡り、北側のブロックへと入る。(9:55分)

○ 「市山ハイツ」は、聖が森師匠との約1年間に亘る共同生活を終え広島へ帰って間もなく、地上げで取毀されてUZビルという6階建のビルに建替えられているのだ。

○ 6年前に撮ったUZビルの写真(下の写真)を片手に隈なく探したが見つからない。人に尋ねても分らない。

Photo_15

○ 周りの風景などを参考に約20分探した結果、漸く分った。 ○ 4年前に隣のビル所有者に買収され新しく建替えられていたのだ。それが左下の写真。(10:22) ○ 聖が森師匠と奇妙な共同生活をしていた場所に やっと辿り着いた。 ○ 聖は、ここで森の友人達、「必死」創りの名人来条克由等と慣れ親しんだのだ。そして、聖はここで 自然人で純なる心の持主 森師匠からも多大な影響を受け、心豊かに成長していったのだ。

Photo_17

Photo_19

写真上はシンフォニーホール。(10:27分) 写真下はシンフォニーホール前の並木道。(10:31分) 写真の上でクリックすると画面一杯に拡大しますhappy01 ○ ふたりで何度歩いただろう。紙袋を提げた村山聖の姿が焼きついている。時々、バッタリ会うこともあった。 (2007-05-17付 森信雄七段の大淀を歩く[写真日記]より) 

Photo_20

写真下は、上福島北公園南側の舗道。(10:33分) 舗道をまっすぐ行くと前田アパート方面、右へ行くとシンフォニーホール前の並木道を抜け大淀ハイツ方面へ の別れ道。

Photo_21

○ 何も用事がないときは、ここで別れた。トボトボと歩く姿を見届けて(大淀ハイツへ)帰る。村山君の行動範囲は限られていて、前田アパート、関西将棋会館、大淀ハイツ、書店、食堂、その半径1キロ界隈がテリトリーだった。余計なもののない暮らしだった。(2007-05-17付 森信雄七段の大淀を歩く[写真日記]より)

Photo

○ 市山ハイツのあった場所探しに時間を取られ、金蘭女子高校、福島食堂を経由して急いで関西将棋会館前まで還ってくると10:45分だった。前田アパートまでは行けなかった。村山聖の姿を求めた1時間余の短い旅は終わった。                                                                                                                                                                                        

« 今年も正倉院展 | トップページ | 氷雨の上がった二上山。 »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

日曜日はお休みなんですね。
入口のデザインが、元気で可愛いなと思いました。

村山さんが森先生と一緒に歩かれた通り。
将棋会館の入口。
私は実際には行ったことがありませんが
今川さんの想いが画像に込められているせいでしょうか。
「聖の青春」を何度も読んだせいでしょうか。
そのどちらもかも知れませんが
なんだか懐かしい場所を見ているような錯覚を感じました。

拝見できて嬉しかったです。
ありがとうございました。

昨日 一気に本を読み 村山聖さんの嵐のように駆け抜けた時間、将棋に向き合った時間を 思いめぐらせていました。思いがけなく 今川さんのブログで 写真をみて臨場感に浸りました。ありがとうございました。聖が暮らしていた前田アパート、将棋会館.....本を読んだ後で 軌跡をたどる事ができたのは奇跡です。

マイフォト≪聖の青春≫ を観て。 2012-01-09 17:06:44

件名 こんにちは

今川さんへ、
あえて「さん」でお呼びすることをお許しください。

今川さんのことは 存じ上げておりました。
もう一度、ブログに行きたいと思っておりましたが、少し昔のことでアドレスも忘れてしまい そのままでした。
どうもありがとうございます。

稚拙な文に、温かいお言葉を 重ねてお礼申し上げます。

2012年02月15日 10:42 差出人 なまえのないうた

マイフォト≪聖の青春≫や村山聖関係記事・写真を見て。

今川様
素晴らしい写真をご紹介いただきありがとうございました。
大変興味深く見せていただきました。

ふとっちょパパ 21012.05.12 19:16

マイフォト≪聖の青春≫をみて。
今川弥吉さん

どうもありがとうございます。
お写真を拝見させて頂きました。
関西将棋会館、前田アパートなど聖の生活空間を見ると、
ドアから村山棋士がひょっこりと出てきそうな感じがいたします。

樹 2012-05-13 15:57:59

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/43092980

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も村山聖に逢いに来た。:

« 今年も正倉院展 | トップページ | 氷雨の上がった二上山。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。