マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の投稿

2012年6月15日 (金)

囲碁のふるさと 本因坊・寂光寺 訪問!

○ 小生が主宰する「囲碁クラブ」の研修旅行として6月13、14の両日、
 京都と若狭方面へ1泊2日の小旅行をした。

○ 本旅行の眼目は、第1日目の本因坊の発祥地・寂光寺(京都市)を
 
訪問することだった。昨年は本因坊道策の生家訪問・墓参(島根県)、
 一昨年は
本因坊秀策の生家訪問・墓参(広島県・因島)を果たした。

○ 寂光寺は東大路仁王門通りを少し西に入ったところにあった。ここで
 
先月15、16の両日、本因坊戦(山下道吾本因坊vs井山裕太天元)第一
 局が打たれた。(写真はNHKTVより)

Photo

○ 以下の写真は寂光寺で当日撮影ほか。

Photo_2 

Photo_4 

Photo_6

Photo_7 

Photo_8

Img119_2

Photo_10

○ 広い境内の一角に、初代算砂(中央)と歴代本因坊の墓があった。
 今年は算砂上人が家康から碁所として俸禄を授かってから400年の
 節目にあたり、本因坊戦の前日(5月14日)に算砂上人報恩400年
 法要が行なわれた。法要には、生存する歴代本因坊10名も参列した。

○ “本因坊”と大書掲額(最近)された大広間で対局は行なわれた。
 我々囲碁クラブの面々も、この掲額を背に記念撮影をした。感激!

○ “乾坤窟”(けんこんくつ)と読める古い装額(寺宝)は、李礿史と
 いう人物(朝鮮通信使の一員?)が算砂に送ったとされる。来日中
 に、算砂と三子で対局して敗れ、帰国後に送呈したものという。
  我々はこの扁額のある広い室内でお茶の もてなし を受けた。室内
 
には歴代本因坊に係わる資料の展示もあった。

○ 大川定信ご住職は、林海峰元本因坊と1歳違いの幼なじみの由
 で、今回の見学では30~40分に亘り懇切な説明・案内を受けた。
 本当に有難うございました。  弥吉 拝


 

 

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。