マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 天平文化に酔う。 その1. ー不空羂索観音立像を観るー  | トップページ | 村山聖の面影を求めて。 »

2012年11月 1日 (木)

天平文化に酔う。 その2. -正倉院展を観るー

○ 今年も、10月31日(水) 奈良国立博物館における第64回正倉院展を観に行った。先に東大寺ミュージアムで法華堂の宝物展示を観たり、工事中の正倉院方面を散策したりして時間が過ぎ、入館は午後4時55分だった。(この時間になると待ち時間はゼロになっていた)

○ 今回の目玉出陳は「瑠璃坏(るりのつき)」で、間近で観るための待ち時間は15分間だった。(待たなくても、1.5m位までは近づける)

         写真の上でクリックすると拡大するhappy01

Photo_3○ コバルトの発色が鮮やかで、周囲に同質のガラスリングが22個貼りめぐらされた斬新なデザインのガラス坏。ペルシャで作られたとの説がある。シルクルートを通って何人の手を経て、どの様な運命を辿って海を渡り、聖武天皇の愛用品となったのであろうか。銀製鍍金の台脚には、先端が霊獣の頭部に変化した唐草文が毛彫りされている。脚は朝鮮半島の製品と考えられている。

○ ほかに印象に残った出陳品。

螺鈿紫檀琵琶(らでんしたんのびわ)

 濃い紫檀の地に、夜光貝の貝殻を貼り付けた螺鈿細工が映える。
  左右に顔が人、体が鳥という特異な生き物を配している。

        写真の上でクリックすると拡大するhappy01
 

Photo_4

画紫檀双六局(もくがしたんのすごろくきょく)

 当時、人々を熱中させた遊び、双六のボード。
 側面や脚に細やかな図柄は木画で、本体に象牙や鹿の角、黒檀などをはめこんで
 描いている。

Photo_5

密陀彩絵箱(みつださいえのはこ)

 黒塗りの木箱に、白と橙色の顔料で鳳凰や唐草、雲などがダイナミックに
 旋回する図柄を描いている。大仏開眼会で使った献物箱と思われる。
  中央の貼り紙には、納 丁香青木香 会前東大寺 と書いてあるそうだ。

Photo_8

○ 正倉院宝物約9000件のうち中核となるのは、光明皇后が東大寺に献納された故聖武天皇のご遺愛品なのであり、上掲 螺鈿紫檀琵琶や木画紫檀双六局などの出陳品を観ていると、それらを扱った往時(1250年以上前)の華やかな天平びとの姿や 立ち振る舞いが 現代に蘇ってくるような感覚にとらわれる。

                            おわり 

                     (左斜め下の ≫続きを読む をクリックして下さいhappy01
         downwardleft                  

紅葉の東大寺~正倉院 周辺散策

○ 毎年、正倉院展を鑑賞する前に、東大寺周辺を散歩する。真っ先に行くのが南大門。高さ8㍍余の巨大な阿吽の両仁王像を見るためだ。この前に立つと何故か心が落ち着き、生きる力が湧いてくるような気がする。

○ 昨年は、東日本大震災と原発事故の影響で外国人の姿が少なく、南大門前は閑散としていた。今年は、欧米人観光客はちらほら見受けられるが、国際紛争の影響で韓、中、台からの観光客は皆無だった。中高校修学旅行生徒の姿は少し増えてきているようだ。

 写真下は、南大門への道の賑わいと阿形像。
Photo

Photo_2
○ 南大門をくぐり、左脇にある東大寺ミュージアムに入る。修理中の法華堂(三月堂)諸仏がここに避難展示してあり、ゆっくりと心行くまで鑑賞できた。
Photo_20

 そこを出て、大仏殿中門を左へ曲がり 西側回廊沿いに正倉院まで 人の行き来も疎らな静かな通りを ゆったりと約1時間散策した。

              写真下は、大仏殿(正面)

Photo_3

              大仏殿中門と南回廊Photo_4

              大仏殿西側の通り(殆ど人影もない)Photo_12

Photo_13              大仏殿北側の通りPhoto_14

              大仏殿北側から正倉院へ続く道Photo_15

              講堂跡(礎石が横一列に並んでいる所)と大仏殿(北側=裏側)            Photo_16

           正倉院東宝庫(左の瓦屋根)と工事中の(工事屋根に覆われた)正倉院。Photo_21

                     おわり

 

Photo_8

Photo_7

Photo_6

Photo_5

Photo_10

« 天平文化に酔う。 その1. ー不空羂索観音立像を観るー  | トップページ | 村山聖の面影を求めて。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/47683749

この記事へのトラックバック一覧です: 天平文化に酔う。 その2. -正倉院展を観るー:

« 天平文化に酔う。 その1. ー不空羂索観音立像を観るー  | トップページ | 村山聖の面影を求めて。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。