マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 神々しい“二上山朝焼け” | トップページ | 天平文化に酔う。 その2. -正倉院展を観るー »

2012年11月 1日 (木)

天平文化に酔う。 その1. ー不空羂索観音立像を観るー 

○ 昨日(10月31日)、正倉院展を観るため、奈良へ行った。今年は、もう一つの目的があった。東大寺の一堂である法華堂(三月堂)の本尊 不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)立像を観ることだった。

○ 東大寺南大門を入った左側に平成23年10月10日に開館した「東大寺ミュージアム」がある。法華堂が修理中であるため、不空羂索観音立像は、今 ここに展示してあるのだ。

○ この立像の左右にかしずくように立っている日光菩薩、月光菩薩の二像もここに展示してある。    写真下は展示中の3像。

Photo
○ 更に、今年3月に修理の終わった立像の宝冠(法華堂では像高362㎝の立像頭上に載っているので暗くて見えにくい)も、頭上から外して展示してあるから正に間近に観られるのだ。

Photo○ 写真(左)は、法華堂で撮影されたもので、右下が日光菩薩、左下が月光菩薩像。(いずれも国宝)

写真は法華堂写真集より。
写真上でクリックすると拡大するhappy01

○ 中央の不空羂索観音立像は、現在宝冠、光背、持物を外し、素の姿で展示されている。

○ この立像は、漆や麻布などを用いる乾漆造という方法で中空に作られているが、重さは500㎏以上もある重量級の仏像である。

○ 8本の手のうち、2本は胸の前で合わせている。その両掌の中には、あらゆる願いを叶えるという宝珠(水晶)が包み込まれている。 (写真下)

Photo_2
○ 左右に立つ日光、月光両菩薩像は、後世に他の堂から法華堂に移された「客仏」と考えられてきたが、最近の調査で、もともとこの場所に眷属(けんぞく)として立っていた可能性が強まった。

 なお、両菩薩像は塑像のため、修理完了後も安全を期して免震構造の整ったこのミュージアムに安置される。
         
下の写真は、東大寺ミュージアムのパンフより。
           写真上でクリックすると拡大するhappy01

Photo_13

写真の上でクリックすると、拡大する。happy01

Photo_2

○ 写真(左)は、不空羂索観音立像の頭上に載っている宝冠。(修理が終わり、本年4月から展示中=間近で観られる)

○ 緻密な技術と意匠の華やかさから、天平工芸の最高峰の一つとされており、1万数千個の翡翠、琥珀、水晶、真珠、吹玉などは積年のほこりや汚れが拭き取られ、まばゆいばかりの華やかさ。正面に銀製の阿弥陀如来像がついている。

○ 法華堂内の修理が終った後の、平成25年(来年)1月15日以降は、本尊の不空羂索観音立像と共に法華堂に帰るため、この宝冠を間近に鑑賞できるのも、あと2か月余となった。

 この機を逃すと、もうこの素晴らしい天平工芸の粋を間近に観ることは当分できないだろう。 是非、東大寺ミュージアムへ足を運んで欲しい。

                                おわり

<追伸>

平成25年11月7日付で「不空羂索観音立像 再見」と題し、修復完了後の

法華堂・不空羂索像 再見の記事をアップしております。是非、ご覧下さい。

   (左サイドバーにあるカテゴリー欄の 文化・芸術  をクリックして下さい)

« 神々しい“二上山朝焼け” | トップページ | 天平文化に酔う。 その2. -正倉院展を観るー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

こちらではお久しぶりです。

仏様、美しいですね。
実際に見られたとのこと、どんなに綺麗だったでしょう。

お写真だけでも見せて頂けて、とても幸せな気持ちになりました。

とりのうた さまへ

お元気のご様子にて安心しました。
立像と王冠は、展示品として光線なども配慮してあり、
明るく、間近で観られるラストチャンスですから
奈良を訪れる方みんなに観てほしいものです。
                    弥吉 拝

手の中に水晶があったのですね!とても驚きました。美しい水晶ですね
ネットでも拝見できてうれしいです!

今回の展示で、天平文化の粋・天平工芸の凄さを間近で観て感動しました。
小生のブログを覗いて下さり有難うございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/47678763

この記事へのトラックバック一覧です: 天平文化に酔う。 その1. ー不空羂索観音立像を観るー :

« 神々しい“二上山朝焼け” | トップページ | 天平文化に酔う。 その2. -正倉院展を観るー »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。