マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の投稿

2013年3月31日 (日)

花に誘われて。

○  3月30日  陽気にうかれて、二日続けて花見に出かけた。

  今日は、拙宅の近くにある叡福寺(聖徳廟)。

              正面山門は、ほゞ満開だった。(写真下)

                              (写真の上でクリックすると拡大するhappy01 

Ts3r0001

                  山門を入って左にある 多宝塔

Ts3r0007

               境内最大の建物  金 堂

Ts3r0009_2

 

               聖霊殿を背景にした紅しだれ桜

Ts3r0011  

                   聖徳廟への入り口              

Ts3r0012
 

       聖徳廟(聖徳太子、母・穴穂部間人、妃・膳郎女の三骨一廟)

         菊の御紋厳めしく宮内庁管理下にあり、桜の木はない。             

Ts3r0013

 

                  聖霊殿(築四百年余)  (写真下)

             階(きざはし)の右方端にある擬宝珠には

              慶長八年  癸卯    十一月 吉祥日

              内大臣 豊臣 朝臣

              秀頼卿      奉       と刻してある。         

Ts3r0016_2

Ts3r0045

Ts3r0046_2

                           おわり

 

Ts3r0046

2013年3月29日 (金)

願はくは 花の下にて 春死なむ

○  今日 3月29日。 花を愛で 万朶の桜の下を 蹣跚と浮かれ歩きたい時候、甲子園の選抜高校野球は第8日目、プロ野球もセ、パ両リーグとも今日開幕、愈々球春も満開となってきた。

○  朝から、近くにある桜の名所「弘川寺」(ひろかわでら)に行ってきた。満開には少し早いかなと思ったが、3年前の満開時に行って大勢の花見客に酔ってしまったので、空いている時をねらってみたのだ。

○  弘川寺は、歌聖ともいわれる西行法師終焉の地で、色々な人の歌碑が境内に建てられている。また、本坊のなかには、西行直筆といわれる掛け軸など数多くの資料を展示した西行記念館もある。

        以下の写真の上でクリックすると拡大しますhappy01

○  写真下:弘法大師を祀った御影堂を背景にした 紅しだれ桜。

Ts3r0034○  桃の花も満開。

Ts3r0038_2

○  有名な西行法師の歌碑。

 “ねがはくは 花のしたにて 春しなむ そのきさらぎの もちづきのころ”
        
(願わくば 花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃)

Ts3r0020_3
○  西行上人は、晩年の文治二年 東北地方へ二度目の行脚をしているが、旅の果てに ここ弘川寺に入庵、同六年2月16日(西暦1190年3月23日)73歳を一期に この地で入寂した。

○  西行上人の墓石と西行墳。
Ts3r0023

                    おわり

Ts3r0035

Ts3r0024_2

Ts3r0024

 

2013年3月24日 (日)

歌枕のさと “生野の里”

○ 小生が米作りをしている田舎のすぐ近くに、古来 歌枕で知られた

“生野の里”がある。百人一首にある和泉式部の娘・小式部内侍が詠んだ

   “大江山生野の道の遠ければ まだふみも見ず天橋立” 

               金葉集 大治元年(1126年)は、あまりにも有名。

○ 昨日(3月23日)早朝、大阪を発ってお彼岸の墓参りに田舎へ行った。

 田舎の家に着く途、思いついて撮ってみたのが以下の写真。

  (写真の上でクリックすると、拡大しますhappy01

 写真下:国道9号線沿いに立っているPR看板。

Ts3r0008_2

Ts3r0009_2
 写真下:JRバス生野の里バス停留所と傍らにある石碑(裏は歌碑)。

Ts3r0001_5

Ts3r0002

Ts3r0005_2

 写真下:生野の里の案内板と本陣もあった街道(宿場)の新旧写真。

Ts3r0013

Ts3r0011

Photo

 旧写真の右端の家(江戸時代は桶屋だった)の佇まいは、90年後の

 現在も殆ど変っていない。

 

                   おわり

 

 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。