マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年4月の投稿

2013年4月21日 (日)

太子聖燈会(しょうとうえ)

○  小生の住む太子町の中心にあり、聖徳太子の御廟がある叡福寺で、約1万本のろうそくを燈す「太子聖燈会」が4月20、21の両日行われた。

          写真下:3月30日に写した御廟前から山門を見下ろした眺め。
                (写真の上でクリックすると拡大するhappy01

Ts3r0015

       写真下:4月21日午後7時41分 同上場所で写す。

Imgp2158

       聖徳太子の教え「和を以て貴しとなす」に因んだ「和」の字が闇に浮かぶ。Imgp2159

                    空想上の鳥「鳳凰」Imgp2155

           今年の干支(巳)に因んで、へびが浮かび上がっている。Imgp2160

      日本最古の官道「竹内街道」敷設1400年に因み、竹内街道1400が浮かぶ。Imgp2154

Imgp2161
                       おわり

2013年4月10日 (水)

二上山に お日様が還って来た。

○  遥か南の方へ遠ざかっていた日の出が、 二上山馬の背に還って来た。

  平成25年4月8日 06:10 まだ少し雌岳(右)寄りの日の出。

             (写真の上でクリックすると拡大するhappy01

H2548_0610

   同 上 4月10日 06:09 丁度、馬の背の真ん中からの日の出。

        残念ながら、曇天。でも少し光が差し込んできた。

Ts3r0003

  同 上 4月12日 06.07 雄岳(左)の右付け根からの日の出。

H25412_0607

      お日様が また二上山馬の背へ還って来るのは、9月上旬。

                     おわり

2013年4月 4日 (木)

4月3日(水) 今日も花見。

○  午後3時頃から、運動不足を補うべく散歩がてらの花見に出かけた。

行先は、近くの石川堤。金剛、葛城の連山から流れ出ずる水を集めて大和

川へ注いでいる石川の流域は 眺めが伸びやかだ。

○  優美な二上山を左に葛城山、金剛山へと続く翠巒は見飽きることが

ない。喜志大橋の袂から金剛大橋へと続く石川の西岸堤には約2kmに亘

り 桜並木があり、格好の散歩道なのだ。

○  今日は石川東岸にある石川河川公園にも足を延ばしたので、約4.5

kmの花見散歩となった。

     写真下:石川西岸の桜並木。写真の上でクリックすると拡大する

Ts3r0001

Ts3r0003               

        東岸のにある芝生の美しい公園。体力測定器具も備えてある。Ts3r0003_2

                       おわり

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。