マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« -電線類の地中化-  電柱・電線がなくなり、空が広がった!  | トップページ | 奈良・薬師寺 東塔の「水煙」に酔う。 »

2013年9月 3日 (火)

憎や 黒雲 朝靄。

○  大阪府と奈良県の境にある二上山。

H241125_2

○  雄岳(517.2m)と雌岳(474.2m)の間のことを“馬の背”というが、4月と9月の上旬(年2回)、この“馬の背”の真ん中から太陽が昇ってくる。

○  9月に入ってから、停滞する前線の影響で雲が多く、愚図ついた天気が続いたが、太陽が真ん中から昇ってくる今日(3日)は、朝5時半頃までは雲が殆どなく、素晴らしい日の出が見られそうだった。

○  ところが上空に 見る見る黒雲が拡がり、“馬の背”には奈良県側から朝靄が流れ込んできて、“馬の背”が見えなくなってしまった。そして朝靄と黒雲の間に辛うじて太陽が顔を出し、2分後には厚い黒雲に姿を隠した。

          写真は、9月3日 午前6時10分(上)、同11分(下) 自宅庭で撮影。Imgp2385

 Ts3r0003

                   憎や、黒雲 朝靄。

                               おわり    弥吉

« -電線類の地中化-  電柱・電線がなくなり、空が広がった!  | トップページ | 奈良・薬師寺 東塔の「水煙」に酔う。 »

二上山あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/53129170

この記事へのトラックバック一覧です: 憎や 黒雲 朝靄。:

« -電線類の地中化-  電柱・電線がなくなり、空が広がった!  | トップページ | 奈良・薬師寺 東塔の「水煙」に酔う。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。