マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 不空羂索観音立像 再見 | トップページ | 聖の青春・村山聖の足跡を求めて 再び。 »

2013年11月 8日 (金)

正倉院展を観る。

○ 今年も、11月6日(水)に奈良国立博物館における第65回正倉院展を観に行った。

 先に西ノ京・薬師寺東塔の水煙降臨展を拝観し、感動の静まりを待って、大修理の成った法華堂にも足を延ばした。

 正倉院展の会場へ着いたのは午後4時半を過ぎていた。(この時間になると、入場待ち時間はゼロになる)

○ 今回の目玉出陳は、「漆金薄絵盤(うるしきんはくえのばん)」で、間近で観るための待ち時間は20分だった。

               写真下:撮影不可のため、案内パンフより。H25

       写真の上でクリックすると、一杯に拡大する。是非、大画面でご覧下さい。

○ 蓮の花の形をした仏具で、香(こう)をたく炉盤の台座として使われていたと考えられる。(台座の裏面に墨で「香印坐」の記載あり)

  金箔をはった木製の花びらの部分には、極楽浄土にいるという鳥「迦陵頻伽」、くちばしに花をくわえた「花喰鳥」、獅子、唐花文様などが描かれている。

 造形美と極彩色の華麗さでは、正倉院のなかでも屈指の宝物である。また、一連の宝物として「黒漆塗香印押型盤」(香印の押し型)、「黒漆塗平盆」(香印の受け皿)が展示されているが、香を長時間にわたり焚く手法を知って、古代人の知恵の卓抜さに舌を巻いた。

○ ほかに印象に残った出陳品。

平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)

 作られたのは、中国・唐の時代で、アジア各地から貴重な素材が集まる唐の都・長安あたりだろうとは、専門家の見解。

 尚、正倉院宝物は、外国製が多いように思われるが、数から言えば全体の5%程度に過ぎない。

H25_2
 夜光貝やトルコ石、琥珀、ラピスラズリを散りばめた豪華な鏡で、聖武天皇の愛用品だった。

 手の込んだ技法で、花模様の中に群れる小鳥たちは、貝を使った螺鈿細工で可愛らしく丁寧に描かれている。4羽の小鳥が集まり何やら話合っている様子が微笑ましい。是非、写真を拡大してご覧下さい。

                      おわり

 

« 不空羂索観音立像 再見 | トップページ | 聖の青春・村山聖の足跡を求めて 再び。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/53874326

この記事へのトラックバック一覧です: 正倉院展を観る。:

« 不空羂索観音立像 再見 | トップページ | 聖の青春・村山聖の足跡を求めて 再び。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。