マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 憎や 黒雲 朝靄。 | トップページ | 不空羂索観音立像 再見 »

2013年11月 7日 (木)

奈良・薬師寺 東塔の「水煙」に酔う。

○ 創建当時の美を現在に伝える奈良・薬師寺の東塔は、凛とした姿

から“凍れる音楽”と称賛されている。

    写真下:若草山を背景にした薬師寺(右から東塔、西塔、金堂)

Img008

Photo

○ 東塔は、1300年の歳月と自然災害で傷みが激しい為、現在、史上初の全面解体修理が行われている。(解体修理は110年振り。2018年度の完成予定)

○ その東塔の美を象徴するのが、高さ約34㍍の塔上を飾る「水煙」だ。

今、塔上に聳える金属の装飾「相輪」を含め、「水煙」が地上に下ろされ、

公開中で(11月末まで)、昨日(6日)観に行ってきた。

Imgp2578○ 写真左:水煙は、高さが

2㍍近い青銅製。火事や災

害を避ける為のお守りといえ

る部分で、東塔の「水煙」は、

その華やかな意匠と精巧な

細工から芸術的な価値が高

い。火焔の形をした飛雲が

レースのように透かし彫りに

され、その間を24人の天人

が散華し、笛を奏でながら

軽やかに舞う。1300年前の

職人の技巧に圧倒される。

Imgp2586_2写真の上でクリックすると拡大happy01

○ 写真右:「相輪」の全容と

各部名称。

○ 塔上にある「相輪」は、

水煙を含め高さは約10㍍、

重さは約3トン。

○ 支柱最下部には、

「東塔檫銘」と称する建立発

願の趣旨が刻まれている。

Imgp2581_2
            写真上:水煙に彫られた笛を奏でる天人。

Imgp2585
          写真上:伸びやかな肢体で舞う天人と風に靡く衣。

○ 薬師寺伽藍の中で、最古の建築物である東塔の魅力に惹かれ、明治以降、多くの文化人が訪れて随筆や歌を残している。

  最後に、会津八一 の 詠える

    “すいえん の あまつ をとめ が ころもで の

               ひまにも すめる あき の そら かな”

                                   おわり

« 憎や 黒雲 朝靄。 | トップページ | 不空羂索観音立像 再見 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/53861164

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・薬師寺 東塔の「水煙」に酔う。:

« 憎や 黒雲 朝靄。 | トップページ | 不空羂索観音立像 再見 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。