マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 正倉院展を観る。 | トップページ | 秘仏 「執金剛神立像」 開扉。 »

2013年11月18日 (月)

聖の青春・村山聖の足跡を求めて 再び。

○  11月17日(日)、今年も又、村山聖の面影を求めて大阪市内へ出てきた。電車の乗り換え時、JR天王寺駅で見た、来年3月オープンする「あべのハルカス」の偉容(高さ300m)が眩しかった。Ts3r0001

○  JR環状線福島駅のホームから見た、なにわ筋南北の風景。

       北側:中央に村山の根城だったこげ茶色の関西将棋会館が見える。                          Ts3r0003

       南側:中之島方面。村山が入院していた住友病院がある。Ts3r0002

○  ガード下の1番街にある村山がよく利用した「更科食堂」は休日でシャッターが下りていた。

Ts3r0006

○  今日は、福島駅の北側を西に伸びる聖天通り商店街に足を向けた。飲み屋、雀荘などもあり、森師匠や村山もよく通った所だった。

             写真下:福島駅ホームから見た聖天通り方面  Ts3r0005

             写真下:聖天通り商店街(此処を右に行くと聖天さんがある)Ts3r0008

 皆から「聖天さん」と呼ばれ、親しまれているが、歓喜天をお祀りしていて、お祈りすれば、富を与えて、男女仲睦まじくなり、子宝に恵まれるとか。境内は奥へ広く、朝早いのに参拝者がチラホラ見えた。Ts3r0009

○  聖天さんから、北へ阪神高速道とJR東海道線のガードをくぐって少し歩くと、広い道路に出て、向かいに金蘭女子中高校が見えた。

 写真下:左が金蘭女子中高校、右に見えるのはお寺の建物。村山は、前田アパート          からの行き帰りに、同年輩の女子高生と顔を合わせるのが恥ずかしく、下を向いて歩いた。「聖の青春」よりTs3r0016_2
 写真下:金蘭女子中高校のある福島7丁目北交差点辻向かいに村山が羽生さんと歓談した福島食堂があった。ビルが取り毀され、跡地には、現在コンビニが盛業中。

Ts3r0017

○  前田アパートと浦江公園。金蘭女子中高校の北側に浦江公園があり、その西側に村山ファンにとっての聖地「前田アパート」がある。

Ts3r0021
            写真下:中央に前田アパート。2階真ん中の窓が村山の部屋。

Ts3r0025
             写真下:広い浦江公園。常緑樹の幹は太く、市民憩いの場である。Ts3r0027
 写真下:公園の隅にあるベンチ。村山の母が一夜を過ごそうとしたのもこんな所だった。

Ts3r0028
 写真下:村山の母が泊めてもらった大淀南交番の北側すぐの所にある八阪神社。森師匠の住まい大淀ハイツへ行く途にある。Ts3r0030
 写真下:八阪神社の近くにある梱包材料屋。村山が東京へ引越す時、荷物を梱包する段ボール箱をここで買った。

Ts3r0031

 

○  上福島北公園とシンフォニーホール前の並木道。

         写真下:村山が前田アパートからの行き帰り、トボトボと歩いた道。Ts3r0032
             写真下:シンフォニーホール前の並木道。Ts3r0033
○  村山は、体調の良い時、梅田方面へ漫画本や推理本を探しに遠出した。また、棋士仲間や奨励会の友人達と大阪駅の東側にある阪急東通りの飲み屋街にまで足を伸ばした。

 写真下:環状線福島駅から、梅田方面への道。15年余の歳月がこのように高層ビルが林立する風景に変えてしまった。Ts3r0041
 写真下:阪急東通り商店街。横丁へ入れば、原色のネオンが輝く飲み屋街もある。
年齢制限で奨励会を退会する親友加藤昌彦との1件も横丁の飲み屋街であった。
無二の親友が去っていく心の淋しさと悔しさに村山は耐えられなかったのだ。

Ts3r0047

○  今年は、村山が日常行動していたトライアングル福島界隈から、脱線

して遠くまできてしまった。随分歩いて少々疲れた。

 最後に、途中で立ち寄った関西将棋会館の1階に飾ってあった将棋の駒を写真でどうぞ。

Ts3r0035_2

                      おわり。

« 正倉院展を観る。 | トップページ | 秘仏 「執金剛神立像」 開扉。 »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

 今年も“村山詣で”ご苦労様でした。
 私も年内に福島に行きたいと思っています。前回訪れた時は将棋会館で将棋を指しました(4戦全敗でしたが)。初勝利を目指して精進しています。

 それにしても、東京に引っ越しした時の段ボールの購入先までご存じとは・・・・・。
 弥吉様の博識ぶりには感服します。

 これから益々寒くなります、何卒健康にはご留意くださいますよう。

                                              正樹

正樹さんへ。

今年は、天気が良かったので、かなり歩きました。
写真も沢山撮ったのですが、記事が散漫になるので
捨てました。

福島界隈も、年々変貌していきます。前田アパートが
いつまで現状の儘で在り得るのか、心配です。
毎年、浦江公園の木々の間から、村山の窓の
白いカーテンが見えると、ホッとします。

正樹さんが福島へ行かれたら、どんな事でもよいので、
メールで情報を流して下さい。待っています。 
                    弥吉 拝

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/53971599

この記事へのトラックバック一覧です: 聖の青春・村山聖の足跡を求めて 再び。:

« 正倉院展を観る。 | トップページ | 秘仏 「執金剛神立像」 開扉。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。