マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の投稿

2014年10月29日 (水)

-天皇皇后両陛下傘寿記念- 正倉院展を観る。

○ 昨日(10月28日)、正倉院展を鑑賞した。本年の出陳宝物は、

 59件で、両陛下のご長寿を寿ぐような、華やかな宝物が多いようだ。

 囲碁が趣味の小生は、やはり囲碁関連の宝物(2件)に興味を持った。

 その1.桑木阮咸(くわのきげんかん)

  円形の胴を持つ四絃の楽器で、中国製と推定される。阮咸とい名前は、
  「竹林七賢人」の一人で琵琶の名手とされる阮咸に由来するといわれている。
  胴の中央にある模様は、八弁の赤い花を描き、その中に描いた松や竹の下で、
  囲碁を楽しむ3人の高士が描かれている。(写真下)20141029_3

             部分絵:(近赤外線撮影)クリックすると拡大する。20141029_4

 

 その2.緑地錦碁局覆(みどりじにしきのききょくのおおい)

Photo_2
  六弁花を五の目に配し、間に2羽の綬帯を咥えた鳥を表した錦を用い、箱状の
  覆いとしている。

  明治時代に、碁盤を保護するための覆いと推定されたため、この名称がついた。
  本来の用途は不明。平面的な姿でなく、当初から立体的な形状を留めている
  のは貴重である。  (縦48、横66、高23)

 その他1:衲御礼履(のうのごらいり)

20141029_6

   爪先が反り上がって、先端は二つに分かれている。白い厚革を芯材として、
  表面には赤く染めた牛革が、内面には鹿革の白革が用いられている。表面に
  13箇の花形の飾りを取付け、装飾を加えている。内側には、手のこんだ内布と
  底敷きがある。
   この履物は、大仏開眼会(かいげんえ:752年4月9日)で、聖武天皇が
  履かれたものと推測されている。なお、履箱が付属、出品されている。

 

 その他2 :鳥獣花背方鏡(ちょうじゅうかはいのほうきょう)

20141029_005              写真をくりっくすると拡大する。 

   正倉院に納められた多くの鏡の中で唯一の四角い鏡。まず一見して驚く
  のは、白銅の輝きが今でも保持されている見事な鋳造技術である。鳥の羽根
  先の繊細さ、葡萄(ぶどう)の粒、獅子の形や表情・・。白銅の成分から中国・唐
  で作られたもののようだが、現在日本の鋳造技術でも制作は至難のようだ。

○ 正倉院御物を観て感じ入るのは、それが単なる過去の宝物ではなく、

  1250年以上前の天平人の息遣いをもって迫った来ることである。

   今年も、天平時代を身近に感じるひとときを持てて感謝。

                                     おわり

奈良・東大寺境内を散策。

○ 毎年のこと乍、正倉院展鑑賞の前に東大寺境内を散策した。

 まず、何はともあれ、屋根葺き替え工事が終わり、約3年振りに

 その外構が公開された正倉院 正倉へ。               

               平成26年2月9日見学時。(素屋根取り外し前)Photo
               撮影:平成26年10月28日現在。20141028_00220141028_012

○ 写真下は、建物東側の屋根。今回、葺き替えられた瓦の状況が

 くっきりと分かる。20141028_00336              屋根瓦配置図。写真の上でクリックすれば拡大する。

○ 正倉院の南方には、木の間越しに大仏殿が見え、紅葉が美しい。

2014102820141028_015

○  次に、正倉院の西側にある「転害門」 を見に行った。20141028_016

 この門は、平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)にも焼け残った

寺内でも数少ない建物で、天平時代の伽藍建築を想像できる唯一の遺構とのこと。

              写真下:三間一戸八脚門を支える南西隅角の柱。 20141028_018
   

○ 次は、車で移動して、法華堂(三月堂)の不空羂索観音立像を見に

 行った。昨年12月16日以来だ。来客が少なく、静かに対座できた。

              西日に映える法華堂(上)と二月堂(下)20141028_01920141028_020

                          鐘楼20141028_022

               中門前の鏡池。紅葉が映え、美しい。20141028_025

○ 大仏殿の前に下りてきた。正面から大仏殿を覗くと修学旅行生や、

 外人客で一杯。一時激減した中国人客も戻ってきたようだ。        

20141028_024

              南大門前も観光客でごった返していた。阿形像は工事中。20141028_034
               珍しく 鹿が1頭、吽形像の前にいた。20141028_032

○ 南大門前の土産物店はどこも賑わっていた。大仏饅頭を買った。

  午後4時を過ぎた。そろそろ、奈良国立博物館(正倉院展)へ行こう。

                                       おわり

 

2014年10月21日 (火)

大下 弘 選手のカラーポスター

○  古いプロ野球選手の話。皆さんは背番号 3 と言えば誰をイメージし

  ますか?西鉄黄金期の四番バッター大下弘選手?九連覇時代の巨人

  の四番バッター長嶋茂雄選手?日本のプロ野球が今日のように繁栄を

  迎えるために、この二つの背番号3は大きく貢献しました。大下が廃墟

  からの英雄、長嶋が高度経済成長期の英雄として君臨し得たのは観客

  に共感と感動を与えるその「佇まい」にありました。プレー中のみ ならず

  静止している時ですら、その姿は美しかったのです。

○  小生(弥吉)が野球に熱中し始めたのは昭和24年(小学5年)でした。

  川上の赤バット、大下の青バットの時代でした。大下選手を見たのは昭

  和24年10月11日(火)のことです。福知山市営球場に於ける、東急フ

  ライヤーズvs大陽ロビンス戦を観に行きました。東急の3番打者で守備

  はレフトの大下選手は、子供好きで、毎回守備につく都度、フェンスに齧

  り付いている我々子供の間近まで来て、ニコニコ笑いながら 話しかけて

  くれました。その屈託のない大下選手の笑顔が未だに忘れられません。

  生家(福知山)にある当時小生が使っていた部屋の片隅には、65年後

  の今も、大下選手の華麗な打撃フォームの(すっかり くすんだ)カラーポ

  スターが貼ってあります。(下の写真)

Photo
        2階の奥にあるこの部屋は、50年以上誰も使用していません。

Photo_2

・                                          おわり 

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。