マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 大下 弘 選手のカラーポスター | トップページ | -天皇皇后両陛下傘寿記念- 正倉院展を観る。 »

2014年10月29日 (水)

奈良・東大寺境内を散策。

○ 毎年のこと乍、正倉院展鑑賞の前に東大寺境内を散策した。

 まず、何はともあれ、屋根葺き替え工事が終わり、約3年振りに

 その外構が公開された正倉院 正倉へ。               

               平成26年2月9日見学時。(素屋根取り外し前)Photo
               撮影:平成26年10月28日現在。20141028_00220141028_012

○ 写真下は、建物東側の屋根。今回、葺き替えられた瓦の状況が

 くっきりと分かる。20141028_00336              屋根瓦配置図。写真の上でクリックすれば拡大する。

○ 正倉院の南方には、木の間越しに大仏殿が見え、紅葉が美しい。

2014102820141028_015

○  次に、正倉院の西側にある「転害門」 を見に行った。20141028_016

 この門は、平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)にも焼け残った

寺内でも数少ない建物で、天平時代の伽藍建築を想像できる唯一の遺構とのこと。

              写真下:三間一戸八脚門を支える南西隅角の柱。 20141028_018
   

○ 次は、車で移動して、法華堂(三月堂)の不空羂索観音立像を見に

 行った。昨年12月16日以来だ。来客が少なく、静かに対座できた。

              西日に映える法華堂(上)と二月堂(下)20141028_01920141028_020

                          鐘楼20141028_022

               中門前の鏡池。紅葉が映え、美しい。20141028_025

○ 大仏殿の前に下りてきた。正面から大仏殿を覗くと修学旅行生や、

 外人客で一杯。一時激減した中国人客も戻ってきたようだ。        

20141028_024

              南大門前も観光客でごった返していた。阿形像は工事中。20141028_034
               珍しく 鹿が1頭、吽形像の前にいた。20141028_032

○ 南大門前の土産物店はどこも賑わっていた。大仏饅頭を買った。

  午後4時を過ぎた。そろそろ、奈良国立博物館(正倉院展)へ行こう。

                                       おわり

 

« 大下 弘 選手のカラーポスター | トップページ | -天皇皇后両陛下傘寿記念- 正倉院展を観る。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/57825718

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・東大寺境内を散策。:

« 大下 弘 選手のカラーポスター | トップページ | -天皇皇后両陛下傘寿記念- 正倉院展を観る。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。