マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« -天皇皇后両陛下傘寿記念- 正倉院展を観る。 | トップページ | 馬見丘陵公園(奈良)へ散歩。 »

2014年11月 7日 (金)

深紅に染まる朝焼けのなかった二上山。

H2693_0533             平成26年9月3日 朝5時33分 自宅庭で撮影。

○ 初秋から、息を呑む美しさを見せる二上山の朝焼けが、

 今年は 何故か なかった。毎年、1年に2度(4、9月の上旬)、雄岳と

 雌岳の間(馬の背)から日が昇るのだが、今年は9月上旬の天候が

 不順で雲の厚い毎日が続いた。何とか朝焼けらしき雲の様子が

 見られたのは、9月3日のみ。(上の写真)

○ その後も、朝焼けが見たくて早起きするのだが、写真に撮りたい

 ような朝焼けにはお目にかかっていない。もうお日様は遠く葛城山の

 彼方(南)へ去ってしまった。来年に期待するしかない。

 

           写真下: 本日(H26.11.07 11:10)櫨の葉が色づき、紅葉が進む。20141107            

               写真下:平成24年10月6日 05:52分H24106_0552 

             息を呑むように美しい二上山の朝焼け
 

              写真の上でクリックすると拡大。美しいですよ。

                                           おわり

« -天皇皇后両陛下傘寿記念- 正倉院展を観る。 | トップページ | 馬見丘陵公園(奈良)へ散歩。 »

二上山あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/57915597

この記事へのトラックバック一覧です: 深紅に染まる朝焼けのなかった二上山。:

« -天皇皇后両陛下傘寿記念- 正倉院展を観る。 | トップページ | 馬見丘陵公園(奈良)へ散歩。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。