マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 深紅に染まる朝焼けのなかった二上山。 | トップページ | 桜の咲き初めた狭山池の土手を散歩。 »

2015年2月23日 (月)

馬見丘陵公園(奈良)へ散歩。

20150223_001_20150223_001                                 写真の上でクリックすると一杯に拡大する

○ それは、大和平野のほぼ中央にある馬見丘陵(うまみきゅうりょう)にあった。古墳が集中している丘陵地をうまく利用して、豊かな自然を残しながら四季それぞれの趣を満喫できるように造られた都市公園だった。

○ 大阪・太子町の自宅より車で30分のところに、こんなに気分良く散歩
できる公園があることを知らなかった。何だか、バンカーのないゴルフ場を
散歩している気分になった。

○ 2月下旬という季節柄、クヌギ、コナラ、アベマキなどの高木は落葉し、
寒々とした風景だが、散歩道沿いの桜並木の梢にはもう春の訪れを感じ
させる膨らみがあった。園内は、四季を通じて美しい花木が一杯植えて
あり、百花繚乱の4、5、6月頃は、そのあざやかな色彩に見入り思わず
散歩
する足が止ってしまうのではないかと思う。

 これから、ひと月に1度は散歩に来ようと思う。折々の花を愛でる為にも。

20150223_001_20150223_002

20150223_001_20150223_004

                                  写真下:オタフクナンテン(メギ科)20150223_001_20150223_006

20150223_001_20150223_008

20150223_001_20150223_009

20150223_001_20150223_010

20150223_001_20150223_011                                           おわり

« 深紅に染まる朝焼けのなかった二上山。 | トップページ | 桜の咲き初めた狭山池の土手を散歩。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/59036021

この記事へのトラックバック一覧です: 馬見丘陵公園(奈良)へ散歩。:

« 深紅に染まる朝焼けのなかった二上山。 | トップページ | 桜の咲き初めた狭山池の土手を散歩。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。