マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 飛ぶ鳥を落とす勢いは誰? -苦々しい日本語のみだれ-その2 | トップページ | 春寒の二上山 »

2017年1月24日 (火)

キトラ古墳壁画の第2回公開。

○  1月23日、奈良県明日香村の特別史跡キトラ古墳壁画の第2回特別

 公開に参加した。昨年9、10月の壁画「朱雀」「白虎」「天文図」の公開に

 続き、今回は北壁の「玄武」の公開だった

   同時期に描かれた高松塚古墳の玄武は、亀と蛇の頭部が削られ図像

 が判然としないが、キトラ古墳の玄武(写真下)は、略、完全な姿で残って

 いる。

     写真下:キトラ古墳壁画体験館 四神の館内の壁に映写された玄武。Photo

     写真下:北壁の玄武部分拡大。(四神の館展示を撮影し拡大)Photo_2

     写真下:公開展示室に展示された北壁の実物(撮影不可の為、パンフより)Photo_3

     写真下:北壁図像配置図(上の写真では判然としないが、四神の下には
            3体ずつ、頭は獣、体は人間の姿をした十二支が描かれている。損傷が
      激しく不鮮明で実物を見ても肉眼では不明。) (パンフより)

Photo_4
○  石室内からは、木棺飾り金具、刀装具、玉類(展示品)の他に、被葬 

  者の人骨と歯牙も出土し、分析で50~60歳代の男性1体分のものと 

  分かっている。

○  キトラ古墳は、7世紀末期~8世紀初期に造られたもので、中国・

  朝鮮の文化的影響を受けた貴重な遺産である。33年前に発見されて

  からの基本動作・対応が甘く、石室内の彩色壁画の劣化変質を来たし

  た。(高松塚なども同じ) 保存完了までに時間がかかり過ぎた憾みは

  あるが、今後の初動・判断の大切さを教えられた貴重な経験となった。

 

<参考> 第1回公開の 「朱雀」、「白虎」。

「朱雀」Photo_10

     南壁の朱雀(写真右上は盗掘時の侵入取壊し穴。辛うじて朱雀は残った)Photo_11

Photo_12

「白虎」

Photo_13

     西壁の白虎(雨水などの侵入で胴体・足などが見づらい)Photo_14

Photo_15

「青龍」 東壁の青龍は保存状態が悪く、公開されていない。
Photo

     写真下:東壁 青龍の下にある3体の十二支(寅・卯・辰)の中の寅の線刻。Photo_2

                                            おわり

« 飛ぶ鳥を落とす勢いは誰? -苦々しい日本語のみだれ-その2 | トップページ | 春寒の二上山 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/69358762

この記事へのトラックバック一覧です: キトラ古墳壁画の第2回公開。:

« 飛ぶ鳥を落とす勢いは誰? -苦々しい日本語のみだれ-その2 | トップページ | 春寒の二上山 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。