マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 故村山聖九段の写真 ⑨ (六段昇段 ・ 王将戦 初挑戦) | トップページ | 故村山聖九段の写真 ⑪ (A級 八段へ ・ 東京住い ・ 帰郷) »

2018年7月30日 (月)

故村山聖九段の写真 ⑩ (七段時代)


○ ’93年3月12日、第51期順位戦 9勝1敗で
B級1組へ昇級。
  七段昇段へ。(23歳)

93312

93312b1_vs

写真左:鈴木輝彦七段との最終戦。

写真上:勝って機嫌よく検討戦を
     している村山さん。

写真下:’93年4月、昇級者への
免状授与式。(将棋世界8月号より)

934



○ ’93年4月、第20回将棋大賞・敢闘賞を受賞。

934

934_20

                写真上2枚:将棋世界の記事より。

  王将戦挑戦の実績を評価され、前年度の敢闘賞が決まった。


○ ’94年1月12日、森信雄師匠結婚披露宴。
 

  写真下:ユーモアたっぷりの祝辞を述べる村山さん。満場 大爆笑。
       右へ・媒酌人 作家の黒川博行氏、新郎 森信雄師匠、新婦 恵美子さん。  

94112_2




○ ’95年1月17日、阪神淡路大震災起こる。

  
神戸の惨状や、弟弟子の圧死に精神的ダメージ大きく、
 翌日から住友病院に入院。翌々日には
A級昇級を目指す順位戦
 対局に強行出場。
1月31日には強行退院し 順位戦対局に出場。

 
  大震災への義捐金募集には、多額を義捐する。

                          つづく。


« 故村山聖九段の写真 ⑨ (六段昇段 ・ 王将戦 初挑戦) | トップページ | 故村山聖九段の写真 ⑪ (A級 八段へ ・ 東京住い ・ 帰郷) »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/73942153

この記事へのトラックバック一覧です: 故村山聖九段の写真 ⑩ (七段時代):

« 故村山聖九段の写真 ⑨ (六段昇段 ・ 王将戦 初挑戦) | トップページ | 故村山聖九段の写真 ⑪ (A級 八段へ ・ 東京住い ・ 帰郷) »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。