マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 故村山聖九段の写真 ⑫ (A級復帰 ) | トップページ | 故村山聖九段の写真 ⑭ (永遠の別れ) »

2018年8月 3日 (金)

故村山聖九段の写真 ⑬ (癌再発・次期 休場決意)


○ ’98年2月16日、第47回NHK杯準決勝戦(vs島 朗八段)に勝ち、
              決勝進出。

98216nhk_31

写真左

 解説者は、羽生善治四冠(当時)

 聞き手は、藤森奈津子女流二段(同)

 対局は、勝利したが、後日、再放送

 を観ると、村山さんの顔つきが冴えず

 かなり体調不良にみえる。




○ ’98年2月19日、広島へ帰った村山さんは、癌の再発をつげられる。

○  同 年2月21日、前日東京で棋聖戦対局を済ませ、大阪へ戻って

              きた村山さんは、独断で次期の休場を決意する。



○  同 年2月28日、第47回NHK杯決勝戦(vs羽生善治四冠)。

98228nhk

                  写真撮影者 故 中野英伴氏


   対局は、村山さんの優勢裡に最終盤を迎えたが、秒読みに追われた

 村山さんの失着があって、羽生善治四冠が勝利し優勝カップを手にした。

98228nhk_2

Nhk

写真上:終局後の感想戦。


写真左:村山さんは準優勝に終わった

表情は穏やかで、「優勝するはず

だった
のですが、ポカをやてしまい

した」と、にこやかに微笑んでいた。



○ 村山さんが畏敬する羽生さんとの公式対局は、6勝7敗で

  終わった。




○ 村山さんは、2/28の羽生さんとのNHK杯の後、3月に入って

 5局指している。6日に竜王戦(vs森下)、13日に順位戦最終局

 (vs青野)、16日王位戦(vs日浦)、24日棋聖戦(vs森内)、30

 日に王位戦(vs木村)である。


 そして5局に全勝している。しかも、すべてが名局。

98330vs
写真上は、3/30の第39期王位戦挑戦者決定リーグでの木村

一基四段(当時)との村山聖八段の絶局、最後の対局姿である。



                                  つづく。


  6/15から始めた本写真シリーズの最終回⑭は、村山さんの命日である
  
 8月8日に掲載します。

                              弥吉  拝



 

« 故村山聖九段の写真 ⑫ (A級復帰 ) | トップページ | 故村山聖九段の写真 ⑭ (永遠の別れ) »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366102/73968134

この記事へのトラックバック一覧です: 故村山聖九段の写真 ⑬ (癌再発・次期 休場決意):

« 故村山聖九段の写真 ⑫ (A級復帰 ) | トップページ | 故村山聖九段の写真 ⑭ (永遠の別れ) »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。