マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2016年6月 7日 (火)

コガタ スズメバチの巣。

〇  今朝、庭の棒樫の茂みで、コガタ スズメバチの巣を見つけた。

 以前、商売をしている小生に、商売繁盛ため玄関に飾っておけば良いと

 貰ったことがあった。残念乍、毀れてしまって長持ちしなかった。

〇  早速、持主の居ないことを確認して、失敬した。大事に飾っておこう。

20160607_001

20160607_004

20160607_005

〇  この巣は、越冬を終えた女王バチが、5月頃に単独で巣作りをした

 もので、徳利かフラスコのような特異な形をしている。子育てのため、

 一匹で懸命に作ったのに、御免。

                                      おわり

2016年5月21日 (土)

蓮の花

             このブログをご訪問ありがとうございます。

Ts3r0038

                 次の記事から、ご覧下さい。

  村山聖、「聖の青春」関係の記事は、左右のサイドバーの一番上にある、マイフォト≪聖の青春≫、マイフォト≪聖の闘魂≫や、カテゴリ欄にある「故村山聖九段」クリックして下されば、多様な写真入りの記事がご覧頂けます。

2015年4月 4日 (土)

馬見丘陵公園(奈良) 花見。

○ 馬見丘陵公園へ花見に行った。2月に初めて散歩に行った時と
 
違って、桜、チューリップなどが芝生の緑と交じり合って、別天地へ
 迷い込んだような感覚に捉われた。散り始めた桜の花びらが風に
 誘われ舞った。

○ まずは、花に満ち溢れた公園内の風景をご覧あれ。

               写真の上でクリックすると、一杯に拡大します。20150402_006

20150402_001

20150402_002

20150402_004

20150402_005

               赤、白、ピンクの はなももの木。池の岸辺には
               沢山の亀が昼寝をしていた。20150402_011

               累集する古墳をうまく利用した都市公園には
               こんな静かな疎林スペースもある。20150402_012
                                         おわり

2015年4月 2日 (木)

PLの見事な桜。

○ 4月2日、痼疾治療で20余年通っているPL病院へ行った。広大な教団

 周辺の桜は、丁度、満開に近く、青空に映えて見事な景観であった。

  極一部ではあるが、拙い写真で春爛漫の雰囲気をお伝えしたい。

              写真の上でクリックすると、一杯に拡がります。

Pl_20150402_015

               桜の花に囲まれた PL病院(中央 茶の建物)

Pl_20150402_007

Pl_20150402_009

               PL病院の職員用駐車場

Pl_20150402_011

Pl_20150402_005

               愛称“PLの塔”(大平和祈念塔)

Pl_20150402_013


    何等かの都合で、今年、お花見が出来なかった人の為に。      

                                      おわり

2015年3月27日 (金)

桜の咲き初めた狭山池の土手を散歩。

○ ひと月に一度、家人と共に、10数km離れた狭山池近くのショッピング
 
センターへ買い物に行く。

○ 昨日(3月26日)、大阪市で桜の開花発表があり、穏やかな日和だった
 
ので家人が買い物をしている時間を利用して近くの狭山池へ散歩に
 
出掛けた。

○ 狭山池は、7世紀前半に築造された日本最古のダム式ため池で、
 
平成の大改修により、広い堤に沿って周囲は桜の並木となっている。

○ 四季を通じて眺めが素晴らしく、周囲約2.85kmの土手道は恰好の
 散歩道(ジョギング道)として行き交う人が絶えない。

○ 広い堤に上がってみると、丁度、桜の花が咲き初めており、若木の中
 には、もう七分咲きの樹もあった。

               写真の上でクリックすると、一杯に拡大します。            27326_01

27326_02

27326_03
           池塘にある人工オブジェ。遠くの桜並木も今にも咲きだしそうな色。27326_04

                                             おわり

2015年2月23日 (月)

馬見丘陵公園(奈良)へ散歩。

20150223_001_20150223_001                                 写真の上でクリックすると一杯に拡大する

○ それは、大和平野のほぼ中央にある馬見丘陵(うまみきゅうりょう)にあった。古墳が集中している丘陵地をうまく利用して、豊かな自然を残しながら四季それぞれの趣を満喫できるように造られた都市公園だった。

○ 大阪・太子町の自宅より車で30分のところに、こんなに気分良く散歩
できる公園があることを知らなかった。何だか、バンカーのないゴルフ場を
散歩している気分になった。

○ 2月下旬という季節柄、クヌギ、コナラ、アベマキなどの高木は落葉し、
寒々とした風景だが、散歩道沿いの桜並木の梢にはもう春の訪れを感じ
させる膨らみがあった。園内は、四季を通じて美しい花木が一杯植えて
あり、百花繚乱の4、5、6月頃は、そのあざやかな色彩に見入り思わず
散歩
する足が止ってしまうのではないかと思う。

 これから、ひと月に1度は散歩に来ようと思う。折々の花を愛でる為にも。

20150223_001_20150223_002

20150223_001_20150223_004

                                  写真下:オタフクナンテン(メギ科)20150223_001_20150223_006

20150223_001_20150223_008

20150223_001_20150223_009

20150223_001_20150223_010

20150223_001_20150223_011                                           おわり

2014年2月14日 (金)

今冬 最高の積雪 (大阪・南河内 二上山の麓)

○  2月14日(金)未明から降り出した雪が、午前10時頃には約20cm

  積もった。今冬最高の積雪だ。
                    
自宅玄関前20140214_001_20140214_004

○  今日は午後1時より、いつも楽しみにしている 囲碁クラブの例会が

  予定されていたが、早々に中止の報が入った。残念だが天候には勝て

  ない。いつも車で行くのだが、車道が開かないので 仕方がない。

                   自宅前の町道(正午現在)20140214_001_20140214_007

                          おわり

2013年8月 2日 (金)

-電線類の地中化-  電柱・電線がなくなり、空が広がった! 

○ 大阪・南河内にある我が町 太子町。町の中心には聖徳太子の御廟

(墓所)があり、廟前には太子の菩提を弔うため創建された叡福寺がある。

その叡福寺山門石段下には観光バスなどの駐車場があり、町の中心を

東西に貫く府道(本年4月から町道となった)に繋がっている。Ts3r0005

○ 下の写真 2枚。 右側に叡福寺がある。

       (上は平成25年8月1日撮影で、電柱・電線がなくなりスッキリ。

       下は平成22年3月現在で、電柱・電線が景観を損っている。)                                            

                  (写真の上でクリックすると拡大するhappy01H2583

Photo_2
○ 平成17年6月施行の「景観法」に基づき、平成19年、町主導による

「叡福寺周辺景観町づくり事業」が動き出した。叡福寺のある太子地区の

府道沿いが「景観地区」に指定され、建築物の規模・外観、色などが制限

されることとなった。古い町並みが続く街道筋(府道)は幅員が狭いため

歩道が取れず、路肩の太い電柱も小中学生の登下校の邪魔になっていた

ので、電線など空中施設の地下埋設化を実施することとなった。

○ そして、先月(7月)末を以て、3年余に亘る工事が完了し、地区内約

800mの景観がスッキリと美しくなり、古い時代の潤いを取り戻した。

無論、従来朝7~9時だけ制限していた大型貨物自動車の往来は、終日

禁止となっている。

   電柱と電線のない空は広い! 家並に 落ち着き、風格を感じる!

・ 

2013年4月21日 (日)

太子聖燈会(しょうとうえ)

○  小生の住む太子町の中心にあり、聖徳太子の御廟がある叡福寺で、約1万本のろうそくを燈す「太子聖燈会」が4月20、21の両日行われた。

          写真下:3月30日に写した御廟前から山門を見下ろした眺め。
                (写真の上でクリックすると拡大するhappy01

Ts3r0015

       写真下:4月21日午後7時41分 同上場所で写す。

Imgp2158

       聖徳太子の教え「和を以て貴しとなす」に因んだ「和」の字が闇に浮かぶ。Imgp2159

                    空想上の鳥「鳳凰」Imgp2155

           今年の干支(巳)に因んで、へびが浮かび上がっている。Imgp2160

      日本最古の官道「竹内街道」敷設1400年に因み、竹内街道1400が浮かぶ。Imgp2154

Imgp2161
                       おわり

2013年4月 4日 (木)

4月3日(水) 今日も花見。

○  午後3時頃から、運動不足を補うべく散歩がてらの花見に出かけた。

行先は、近くの石川堤。金剛、葛城の連山から流れ出ずる水を集めて大和

川へ注いでいる石川の流域は 眺めが伸びやかだ。

○  優美な二上山を左に葛城山、金剛山へと続く翠巒は見飽きることが

ない。喜志大橋の袂から金剛大橋へと続く石川の西岸堤には約2kmに亘

り 桜並木があり、格好の散歩道なのだ。

○  今日は石川東岸にある石川河川公園にも足を延ばしたので、約4.5

kmの花見散歩となった。

     写真下:石川西岸の桜並木。写真の上でクリックすると拡大する

Ts3r0001

Ts3r0003               

        東岸のにある芝生の美しい公園。体力測定器具も備えてある。Ts3r0003_2

                       おわり

より以前の記事一覧

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。