マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

囲碁

2012年6月15日 (金)

囲碁のふるさと 本因坊・寂光寺 訪問!

○ 小生が主宰する「囲碁クラブ」の研修旅行として6月13、14の両日、
 京都と若狭方面へ1泊2日の小旅行をした。

○ 本旅行の眼目は、第1日目の本因坊の発祥地・寂光寺(京都市)を
 
訪問することだった。昨年は本因坊道策の生家訪問・墓参(島根県)、
 一昨年は
本因坊秀策の生家訪問・墓参(広島県・因島)を果たした。

○ 寂光寺は東大路仁王門通りを少し西に入ったところにあった。ここで
 
先月15、16の両日、本因坊戦(山下道吾本因坊vs井山裕太天元)第一
 局が打たれた。(写真はNHKTVより)

Photo

○ 以下の写真は寂光寺で当日撮影ほか。

Photo_2 

Photo_4 

Photo_6

Photo_7 

Photo_8

Img119_2

Photo_10

○ 広い境内の一角に、初代算砂(中央)と歴代本因坊の墓があった。
 今年は算砂上人が家康から碁所として俸禄を授かってから400年の
 節目にあたり、本因坊戦の前日(5月14日)に算砂上人報恩400年
 法要が行なわれた。法要には、生存する歴代本因坊10名も参列した。

○ “本因坊”と大書掲額(最近)された大広間で対局は行なわれた。
 我々囲碁クラブの面々も、この掲額を背に記念撮影をした。感激!

○ “乾坤窟”(けんこんくつ)と読める古い装額(寺宝)は、李礿史と
 いう人物(朝鮮通信使の一員?)が算砂に送ったとされる。来日中
 に、算砂と三子で対局して敗れ、帰国後に送呈したものという。
  我々はこの扁額のある広い室内でお茶の もてなし を受けた。室内
 
には歴代本因坊に係わる資料の展示もあった。

○ 大川定信ご住職は、林海峰元本因坊と1歳違いの幼なじみの由
 で、今回の見学では30~40分に亘り懇切な説明・案内を受けた。
 本当に有難うございました。  弥吉 拝


 

 

2011年6月20日 (月)

本因坊道策の生誕地を訪ねて -その2-

〇6月11日(土)は、朝 大阪を出発する時土砂降りだったが次第に明るくなり、仁摩町(島根県)に着く頃には青空が広がった。昨年6月に因島(広島県)に秀策の墓参をした時も雨模様のあと好天になった。道策、秀策の両先生とも、囲碁をこよなく愛するものを温かく迎えるべく気を使って下さったのだろう。

〇道策の生家を見学し、長屋門や広い中庭をはさんで建つ母屋の重厚さに甚く感心したのち、近くの丘にある墓所と顕彰碑に向かった。

 写真下: 現当主 山崎尚志氏による顕彰碑改設の碑。

1f6d6a8e6e7d1eca1b3888a19e7f3816

 

写真下: 左から井上因碩道砂(道策の実弟)、道策、山崎家開祖善右衛門の碑。
                            (平成13年改設建立の新しい碑)

Photo

下の写真: 改設前の古い碑。(以前は近くの菩提寺満行寺の鐘楼脇にあった由)

Photo_2

 

    写真下: 兄弟である道策(右まえ)、因碩(左うしろ)の墓碑。
      写真のうえでクリックすると拡大されるheart04

Photo_3 尚、道策の墓所は、他に東京(本妙寺)、京都(寂光寺)にもあるそうだ。

(平成25年5月追記: 山崎家当主 山崎尚志氏は、平成25年5月9日に死去された)

〇地元が生んだ幕末の名棋士 岸本左一郎の顕彰碑を訪ねて。

 翌朝(6月12日)、道策の生家から約3km程の天河内にあるという岸本左一郎顕彰碑を捜し訪ねた。

 岸本左一郎は文政5年(1822)に石見銀山のある大森に生れた。幼くして俊才。

   天保8年(1837)には江戸へ出て本因坊丈和の門に入った。そして同年遅れて入門

   してきた のちの秀策を知ることとなる。岸本は家の都合で一時帰郷し、地元で囲碁

   の普及活動に尽力するが、秀策とはその後も様々に親交を重ねた。

 浄土真宗満行寺の境内を少し外れた、山道脇の笹竹の中に、隠れて見過ごしそうな案内碑を見つけた。よく見ると「岸本橘堂先生之碑」と読めた。付近を捜してみると裏の小高い雑木林の中にそれはあった。

 下の写真が、岸本左一郎の顕彰碑。

             本因坊秀和が万延元年(1860)7月に碑文を書いている。

Photo_4

Photo_5

〇小雨の降りかけた暗い森の中なので碑文の文字が見えづらかった。囲碁史ではよく知られているが、地元ではすっかり忘れ去られているようだ。安政5年(1858)病いをえて37歳で早世した石見の生んだ名棋士の碑をもう少し人の目にふれ易いところに移すなど心配りが欲しい。

                                   おわり

2011年6月13日 (月)

本因坊道策の生誕地を訪ねて。

○東漸する低気圧を気にしながら、6月11、12の2日間 島根県へ旅をした。

○小生が主宰する囲碁クラブの第2回研修旅行として、第1日目は近代囲碁の祖といわれる本因坊道策(1645~1702)の生家を訪ね、墓詣をした。

○日本海に面する大田市仁摩町馬路にある道策の生家山崎家は、十三代続く同地の旧家。道策は父三代目七右衛門、母ハマの二男として生れた。幼くして俊才で7歳の頃から母に囲碁を習い、13歳で江戸へ出て本因坊三世道悦の門人となった。

下の写真は生家正面全景で、人が立っている所が駕籠を下す石の台。 尚、家は居住中のため、内外とも一般公開はしていない。

Photo_5

下の写真は、「折檻の井戸」と伝えられている。母ハマは気丈な賢夫人で、子女の教育には特に心を砕き、時には裏にあるこの井戸に道策を吊るしたという逸話がある。

Photo_6

Photo_7

写真上は、道策が幼少時使用した碁盤・碁笥・石。 

下は、松江市で行われた第66期本因坊戦第1局の前日(5月10日)、対戦者と立会人が見学と墓参に訪れた時の揮毫色紙。写真上でクリックすると拡大する。

Photo

〇山崎家は、毛利元就の家臣で一万石を領していた松浦但馬守を祖としており、馬路に定着後は土地の庄屋として重きをなしてきた。

下の写真は、広い玄関土間から見上げた屋根裏の重厚な太梁組み と 入口横の壁際に掲げられた家紋入りの提燈。

Photo

Photo_2

       

   本因坊道策の生誕地を訪ねて -その2- (6月20日付の記事)へ つづく。

2010年10月23日 (土)

坂田栄男二十三世本因坊逝去。

 変幻の棋士 故山部俊郎は、昭和38年に本因坊・名人を制した坂田の

まりの強さにあきれ返り、中村草田男の名句「 降る雪や 明治は遠く

なりにけり 」をもじり、曰、「 坂田は遠くなりにけり 」と表現した。

 その時、坂田42歳。そのカミソリ坂田も遂に逝く。90歳だった。 瞑目。

2010年9月21日 (火)

モンテカルロ法なんて 何?

○ モンテカルロ法とは数学的技法の一つで、乱数を用いてシュミレーションを何度も行ない得られた結果から問題の近似的な解を求めるというものです。

● 囲碁のコンピューター・ソフトは随分出回っていますが、その実力の程は最強でもアマの1級~初段くらいと云われてきました。ところが、最善より 確率を重視したモンテカルロ法を採用した囲碁プログラム「Zen]が開発され、様相は一変しました。

○ 昨年「Zen」を搭載した囲碁ソフト『天頂の囲碁』が発売されました。その発売記念として対局したプロ棋士王銘琬九段は、その実力をアマの3、4段を云っています。将来この様なソフトがプロ並みの実力を備えるようになるかは未知数ですが、有段者が囲碁ソフトを使用して腕を磨く時代が到来したことは確かです。

● 囲碁の局面の変化数は10の360乗、将棋は10の220乗、チェスは10の120乗です。因みに、チェスは1997年にIBMのソフトが世界チャンピオンを破りました。将棋ソフトの開発メンバーは数年後には名人や竜王に勝ちたいと意気込んでいます。
さて、囲碁は?

・  (この記事は、小生が発行する本日付け“囲碁クラブだより”より転載したものです。)

2010年8月22日 (日)

スポーツとしての囲碁の国際化とドーピング検査。

○ マインド・スポーツとして定着しつつある世界の囲碁界の流れに、日本
 だけ手を拱いているわけにはいきません。この4月には(財)日本棋院・
(財)関西棋院・(財)日本ペア碁協会が新団体「全日本囲碁連合」を設立
 して、JOC(日本オリンピック委員会)に加盟申請し、加盟団体の承認を
 受けました。

● これで種目として囲碁のある国際スポーツ大会に参加する国内的
 地ならし(整備)はできたわけです。先日、11月のアジア大会にむけて
 出場予定の有力選手に対する体力測定が行なわれ、囲碁の女性棋士
 も参加し体力測定のほかに尿検査も受けたそうです。

○ どんなスポーツ競技であれ、精神面の集中が大切なことは言を俟ち
 ません。囲碁でも、先の手を読むために精神・神経を集中させるべく
 薬物に依存する人が現れる可能性は否定できません。試合後冷たい
 検査員の目を気にし乍、採尿検査を受けなければならない。そういう
 国際化された時代が到来したのだと割り切らざるを得ません。

                                                                                    おわり

・                                         ・

2010年7月18日 (日)

ー囲碁中興の祖・本因坊道策に慕われた碁打ちの物語ー

○冲方丁著「天地明察」が直木賞にノミネートされましたが、惜しくも落選。残念でしたネ。

 この本は今年1月に、第7回本屋大賞(全国の書店員が選んだ今一番売りたい本)に選ばれてから人気に火がつきました。囲碁を知らない若者の間でも元気の出る本として話題になりました。

●既に読まれた方もあると思いますが、物語は、江戸時代前期の囲碁界名門に生まれ乍、数学(和算)、天文暦学に長じた才能をもつ渋川春海(二世安井算哲)が、20年に亘る挫折と再起の末、日本初の国産暦を完成させるサクセス・ストーリーです。常に前向きに生きる姿勢に、読者が魅了されるのです。最後に成就する秘めたる恋もあり、生きる勇気が百倍出る本ですから、未だの方は是非読んで下さい。(図書館にあります)

                                おわり(文責 今川)

 ㊟ 以上の記事は、小生が発行する「囲碁クラブだより」の次号に掲載予定のものです。

      

2010年6月16日 (水)

本因坊秀策の生誕地訪問。

 今週末に、一泊二日で棋聖本因坊秀策の生誕地因島を訪問します。

 

小生が幹事をしている「囲碁クラブ」の研修旅行なのです。気の置けない

 

囲碁仲間8名が参加してくれました。秀策囲碁記念館、生家、秀策碑など

 

を見学し、墓参もします。

 

 夜には、例の「耳赤の一手」を並べて勉強もしようと思っています。

“ Travel broadens a mind.”  

 なにか、心にのこる旅にしたいものです。

(追記: 旅行後の写真入り紀行文を ≪マイフォト因島紀行≫ として、

 

左サイドバーの上の方(プロフィルの下)にアップしております。乞うご笑覧。)

                                   おわり

・・                                       ・・

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。