マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。
フォト

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

二上山あれこれ

2017年9月 3日 (日)

今朝の二上山。馬の背からの日の出!


○  近つ飛鳥(大阪・太子町)の拙宅から眺める二上山の朝焼けは、9月頃

 が一番美しい。刻々と変化していく夜明け前の朝空を眺めている

 と日の出までの僅かな時間乍、飽きることがない。

○  今日(9月3日)は、雄岳(左)と雌岳(右)の間にある馬の背の中心から

 太陽が昇る日なのだが、毎年、雲の動きが迅く、中々良い日の出

 が見られない。今年は、如何だろうか。起床 午前5時15分。


     写真下:9月3日 5時27分。美しい朝焼け。 猫額の拙宅庭にて(以下同)。

H29903_0527_2

     写真下:9月3日 6時07分。

H29903_0607_3

     写真下:9月3日 6時08分。

H29903_0608_2

○  今年は残念乍、日の出前、30分頃から雲の動きが激しく変化した為、

 辛うじて馬の背からのお日様の顔が拝めたが、直ぐ雲に隠れてしまった。

 残念!

                                       おわり

2017年2月19日 (日)

春寒の二上山

○  氷雪溶け雨水温む、24節気の一つ「雨水」は、昨日(2月18日)

  だった。

○  東に聳える二上山は、まだ春寒のたたずまい。

Kimg0007

                                               おわり

2016年10月12日 (水)

二上山 朝焼け。

○  9~10月によく見られる二上山の息を呑むように美しい朝焼けが

 近年は少なくなった。今朝は、今一歩乍、久し振りに写真に撮りたくなる

 ような朝焼けだった。

     写真下: 平成28年10月12日 05:55 南河内・太子町に自宅庭より。

H281012_0555

                     <過去の朝焼け写真>       H24106_0552

H14831

H

                                     おわり

2016年9月19日 (月)

二上山 朝靄。

○  台風16号の本土接近の影響で、昨日来、愚図ついた雨模様が

  続いたが、漸く今朝は雨が上がった。 二上山は、大阪府下唯一の

  火山(死火山)だが、その所為か如何かは判らないが靄ることが多い。

          写真下:平成28年9月19日 07:29分 自宅庭にて。H28919
                                            おわり

2016年9月 3日 (土)

二上山 日の出!

  遠つ飛鳥人(びと)は、西のかた二上山に沈む夕日を眺め、西方浄土を夢見た。二上山は大阪側から朝眺めると、明日香(大和)からの眺めと全く趣きが違っている。近つ飛鳥(大阪・太子町)側にある拙宅から眺める今朝の二上山の日の出は素晴らしかった。今日一日元気に生きようとの希望を貰った。

 二上山の馬の背(雄岳左と雌岳右の間)からの日の出は、年2回(4月と9月の上旬)あるが、久々に神々しい日の出を拝むことができた。

        写真下:平成28年9月3日 午前6時08分 猫額の拙宅庭にて。

20160903_001_20160903_009_2

20130101_001_20130101_003

                                        おわり

2016年7月17日 (日)

二上山 一刻の晴れ間。

○  梅雨のさなかの夕方、二上山の麓に、一刻の晴れ間があった。

  南大阪・太子町の自宅庭より撮影。(H28.7.15 18:37)

28715_1837
                                            おわり

2016年4月 9日 (土)

二上山・馬の背からの日の出。

〇  二上山の雄岳と雌岳の間を馬の背と云う。一年に2回(4月と9月の

 上旬)、この馬の背から日が昇る。しかし、“春に三日の日和なし”の譬え

 の通り、中々、素晴らしい日の出にお目にかかれない。今年こそと期待

 していたが、以下の写真の通り、今一歩だった。何れも自宅の庭からの

 眺め(撮影)。  写真の上でクリックすると、画面一杯に拡大します。

             写真下:4月6日 06:14分  まだ稍、右(雌岳)寄り。H2846_0614
             写真下:4月6日 06:16分H2846_0616
                     4月7日 雨降りで見えず。

            写真下:4月8日 6:23分 変な雲に覆われ見えず。H2848_0623
           写真下:4月9日 6:08分 馬の背の真ん中から昇る。H2849_0608
           写真下:4月9日 6:12分 薄雲が邪魔をする。右に飛行機雲。H2849_0612

                      また、9月上旬に期待。

                                         おわり

2015年12月 9日 (水)

初冬の二上山

H27129

                  写真上:自宅庭で、15:38分寫す。

○  12月9日(水)、朝帰りした。 昨日午後から、所属する囲碁クラブの

 例会兼忘年会に参加し、夜遅くまで囲碁に興じた。希望者は宿泊して

 朝食のあと、さらに一局打って散会したのだ。会場が山の高台にあって

 大阪平野が一望できる素晴らしい眺望だった。気分良く朝帰りした。

○  朝、自宅から快晴の二上山を見て、初冬の姿を写真に撮ろうと

 チャンスを狙ったが、天気が良すぎて雲がなく、漸く撮れたのが午後3時

 過ぎとなった。すっかり紅葉した二上山と刻々と変化する初冬のうろこ雲

 (巻積雲)に見蕩(みと)れた。

        ピンボケ乍、写真の上でクリックすると画面一杯に拡大します。                                                            

                                       おわり

2015年6月 8日 (月)

朝焼けの二上山

〇 6月8日、久し振りに二上山の朝焼けを見た。

 刻々と表情を変える二上山は、5分後にはどんよりした

 薄雲に覆われ、梅雨空の朝となった。

                撮影:4時38分20150608

                撮影:4時40分20150608_2
                                         おわり

2014年11月 7日 (金)

深紅に染まる朝焼けのなかった二上山。

H2693_0533             平成26年9月3日 朝5時33分 自宅庭で撮影。

○ 初秋から、息を呑む美しさを見せる二上山の朝焼けが、

 今年は 何故か なかった。毎年、1年に2度(4、9月の上旬)、雄岳と

 雌岳の間(馬の背)から日が昇るのだが、今年は9月上旬の天候が

 不順で雲の厚い毎日が続いた。何とか朝焼けらしき雲の様子が

 見られたのは、9月3日のみ。(上の写真)

○ その後も、朝焼けが見たくて早起きするのだが、写真に撮りたい

 ような朝焼けにはお目にかかっていない。もうお日様は遠く葛城山の

 彼方(南)へ去ってしまった。来年に期待するしかない。

 

           写真下: 本日(H26.11.07 11:10)櫨の葉が色づき、紅葉が進む。20141107            

               写真下:平成24年10月6日 05:52分H24106_0552 

             息を呑むように美しい二上山の朝焼け
 

              写真の上でクリックすると拡大。美しいですよ。

                                           おわり

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。