マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 今冬 最高の積雪 (大阪・南河内 二上山の麓) | トップページ | 村山聖ファンの聖地 :前田アパート前で花見! »

2014年2月20日 (木)

 NHK杯セレクション 村山聖特集 (第5週)

○ NHK教育テレビの将棋番組・NHK杯セレクションとして、過去に放送された中からトップを切って、村山聖特集が1月11日(土)より毎土曜日の午後6時より、5週連続で再放送されている。(CATVで)

 

○ 以下は、第5週2月8日(土)に放送された第47回NHK杯決勝戦 村山聖八段vs羽生善治四冠の放送写真(TV画面より)

 

Ts3r010011131415

 

      写真下: 司会者より、決勝戦への決意を訊かれて、村山「一手違いの良い
            将棋を指して優勝したいと思います。」と述べた。 Photo

 

               写真下:初手を指す先番の羽生四冠。Photo_2

 

 

 

    写真下: (左)聞き手の藤森奈津子二段。 (右)二上達也九段・将棋連盟会長  Photo_3

 

               写真下: 序盤の村山八段。Photo_5Photo_6

 

         写真下: 考慮中の羽生四冠、 痛むのか腰に手をやる村山八段。Photo_7

 

             写真下: 手番で考慮しているのは、村山八段。Photo_8

 

              写真下: 体を少し右へ傾けて考慮中の村山八段。Photo_9

 

 

 

 

 

Photo_11

 

               写真下: 終盤にかかり、読みにふける両者。Photo_12

 

        写真下: 優勢の局面ながら、秒読みに追われる村山八段。その直後..。Photo_15

 

               写真下: 敗着となった7六角を指した瞬間。

 

 

 

 

Photo_14

 

               写真下: 敗着(7六角)を指した局面(盤面)。

 

 

 

Photo_16

 

         写真下: そのあと、先手 8二銀、後手 6一玉、先手 7三桂成らず、
                をみて 村山八段が投了。Photo_17

 

                写真下: 投了直後の両者のやりとり。Photo_18

 

Photo_19

 

                 写真下: 局後の検討風景。
Photo_20

 

○ 写真下:表彰式の前。司会者から対局後の感想を聞かれて、
   村山「いや、優勝する筈だったんですが、..負けてしまいました。大ポカをやって
       しまいました。時間のない将棋なので、そういう事は よくある事なのですが、
       残念です。」
   羽生「今回の優勝は、最後で拾ったという感じでした。ツキにも恵まれていた。
       7二歩と指されていたら負けています。」Photo_21

 

                         表彰式Photo_22Photo_23

 

   ○ 司会者から、「村山八段は、4月から順位戦でA級復帰ということで、
              新たな思いで新年度を迎えるということで....」と聞かれ、
              村山「そうですね。」と答えた。Photo_24

 

 

Photo_25

 

 

 

○ この決勝戦(対局)は、2月28日に打たれ収録された。その10日前、
 (2月19日)に広島に帰った際、待ち受けていたのは、癌の再発宣言
 
だった。2月21日、大阪へ帰った村山は、誰にも相談することなく、
 次期(4月以降1年間)の休場を決意していた。

 

○ 村山は、この対局から半年も経たない8月8日午後零時11分、広島
 市民病院で死去した。わずか29歳のあまりにも苛烈な生涯を風の様に
 駆け抜けた。純粋無垢であったが為の衝突もあったが、こんなに誰からも
 愛された若者を小生は知らない。            弥吉
                           

 

                        おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 今冬 最高の積雪 (大阪・南河内 二上山の麓) | トップページ | 村山聖ファンの聖地 :前田アパート前で花見! »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ご無沙汰しております。
先回のコメントへの暖かな返信、ありがとうござました。
久しぶりに、息子のPCでこちらにお邪魔したら
なんと・・・村山さんと羽生さんの姿が・・・・。

真剣勝負であるにもかかわらず
村山さんのお顔からは、なんだか深い喜びさえ感じてしまいました。
肉体的に限界に近い厳しい状態で在ったでしょう。
一日一日、一時間、一分一秒が村山さんの渾身の時間だったのだと思います。
羽生さんと真剣勝負する、二人で向き合い精一杯勝負する・・・その時間は村山さんにとって、どれほどかけがえのない時間だっただろうかと
全て過去の出来事ではありますが
このエントリーに並んだ画像を追いながら、まるで過去のその時間に引き込まれるような気持ちになりました。

素敵なエントリーを拝見させていただきました。
ありがとうございました。

また、庭の古梅は今年も精一杯に花をつけ
春の嵐にも負けず、まだ僅かに花を残し境内にあります。
そして花を終えたあとには、実をつけることと思います。
どう頑張っても苦みが強いのですが・・・蜂蜜漬けに挑戦してみようかと考えています。

またご報告しますね。

気懸かりでした。お元気なご様子、安心しました。

村山は、この対局(2/28)の後、3月に入って重要な対局許り5局対戦して全勝しています。大崎さん流に言えば、「そのどれもがプロをもうならせる白眉の名局」で、もう二度と対局室に戻れないと感じとっていたのか、最後の力を振りしぼって「五つの美しい宝石を作り上げた」のでした。蝋燭が最後に燦然と輝くように...。

新聞の「梅だより」も まもなく「桜の開花だより」に代る今日この頃、季節の変わり目故、お体御自愛専一を祈り上げます。 弥吉 拝

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  NHK杯セレクション 村山聖特集 (第5週):

« 今冬 最高の積雪 (大阪・南河内 二上山の麓) | トップページ | 村山聖ファンの聖地 :前田アパート前で花見! »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。