マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

«  -苦々しい 日本語の乱れ- | トップページ | 二上山・馬の背からの日の出。 »

2016年4月 6日 (水)

「聖の青春」の前田アパート・浦江公園 爛漫の春。

 

〇 今秋封切りされる映画「聖の青春」の主人公・故村山聖

 九段の終生の住まいだったとも云える前田アパート。春に

 訪ねるのは始めてだった。道を隔てた東側にある浦江公園

 の桜は満開だった。まだ朝8時半過ぎだったので、万朶の

 花の下、酒気を帯び、蹣跚と歩く 御仁や花見客の輪には、

 流石に出遭わなかった。

 

  まずは、村山さんが過ごした日常生活のトライアングルの

 一角・前田アパートと浦江公園周辺の春を篤とご覧あれ。

 

   写真の上でクリックすると画面一杯に拡大します。 

 

         村山さんと一緒にお花見をしましょう。

 

             写真下:真ん中の桜の木の向こうが前田アパート。

20160406_001

 

             写真下:左の道路中ほどに白く見えるのが前田アパート。20160406_007

20160406_003

20160406_004

 

            写真下:花の向側は、金蘭会中高校やシティタワー西梅田。20160406_005

20160406_014

 

             写真下:2階真ん中やや左が村山さんの部屋。
             現在空家だが、風通しの為、ガラス窓が開けてある。20160406_012

 

20160406_010_2村山さんがお世話になった三谷工業社長さんとの立ち話。

 もう、此処で仕事を始めて45年になる。

村山さんは、日常生活の全てが将棋と体の管理だったので、満開の桜を愛でる気持ちの余裕があったか如何か。

体調の悪い時は、何日も水道のぽとり落ちる水音を聞いて過ごしていた。

路地から通りへ出るだけでも大変な時があった。

 

 

写真左:前田アパート南側の路
地。奥にアパートの入り口がある。

 

 

 

 

写真下:20数年前の前田アパートの路地と村山さん。

 Photo_20191120172201                              

20160406_016

            〈付録〉 写真上: シンフォニーホール前の並木道。

 

                              おわり

«  -苦々しい 日本語の乱れ- | トップページ | 二上山・馬の背からの日の出。 »

故村山聖九段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「聖の青春」の前田アパート・浦江公園 爛漫の春。:

«  -苦々しい 日本語の乱れ- | トップページ | 二上山・馬の背からの日の出。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。