マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 二上山 朝焼け。 | トップページ | 「聖の青春」への想い。 »

2016年10月26日 (水)

正倉院展を観る。

 

○  本日(10月26日)、正倉院展を鑑賞した。奈良国立

 博物館(会場)のある奈良公園周辺は、どこへ行っても

 外国語が飛び交い、国際色豊かだった。会場内でも外国

 人の姿が目立った。

  出陳宝物は64件(初出陳9件)で、今年は、入場者が

 十重二十重に取り巻くような人気のある目玉出陳品は

 なかった。

〇 今年は、光明皇后が756年に聖武天皇の遺愛品を

 献納されてから1260年、天皇が身近に置かれていた

 品々も多く、それが時の流れを感じさせずに瑞々しく

 迫ってくる。また、工芸的に優れた宝物も驚きだ。それら

 の中から宮廷生活の匂いの感じられる2点だけを紹介

 する。

 

その1. 漆胡瓶(しっこへい)

H281026

               

               (高さ41.3㎝胴径18.9㎝)                                    

  聖武天皇が身近で利用されていた水差しか?ペルシャ(イラン)風の

 デザインで、器の文様は、黒漆を塗った上に銀の薄板で鹿や草花を表

 わしている。制作当初は、銀が白く輝く美しいものであったろう。中国・唐

 で制作されたとみられる。

 

その2. 牙櫛(げのくし)

H281026_2                (長さ10.2cm)

   高価な板状の象牙(ぞうげ)を使った櫛。124本の細かい歯を作る

 には高等技術が必要で、唐から入ってきたものようである。(3本展示

 中の1本)

  このような宮廷で日常使用される道具が、海を越えて運ばれてきた

 ものであることに感動する。それにしても、電動の道具などなかった

 当時、どんな方法で制作したのか、その精巧な技術に舌を巻く。

 

                        おわり

 

 

 

« 二上山 朝焼け。 | トップページ | 「聖の青春」への想い。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正倉院展を観る。:

« 二上山 朝焼け。 | トップページ | 「聖の青春」への想い。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。