マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 二上山の日の出。 | トップページ | 小望月が馬の背から昇る二上山。 »

2019年11月 1日 (金)

御即位記念 第71回 正倉院展を観る。

令和元年11月1日

 

〇 暖かい秋晴れの昨日、例年の如く正倉院展を観に行った。今年は
 出陳41件で、幾分少な目であった。
  素人目にも素晴らしく見える出陳品から5件を選び紹介したい。

 

 

1、紫檀金鈿柄香炉(したんきんでんのえごうろ)
20191030-1029371

写真上:僧侶が手で持ち、お香をたく道具。紫壇を使っており高級品。
    紫檀はバラのような香りのする 別名 ローズウッド
    大きさ:長さ39.5cm、高さ7.6〃、炉径11.0〃

20191030-1028051
写真上・下:炉の側面には、金象嵌(きんぞうがん)の技法で、花や
      蝶、鳥の装飾が施され、豪華な宝石も鏤められている。

20191027-1351451

 

2、鳥毛立女図屏風(とりげりつじょのびょうぶ)
20191027-1345431

 聖武天皇遺愛品で、1帖6扇の屏風。上の写真は第4扇で保存状態が
最も良い。各扇は、樹の下に立ったり、岩に掛ける婦人が描かれており、
「樹下美人図」の名で有名。衣服や木の部分に、ヤマドリや雉の羽根が
貼られていたが、現在では殆ど剥落している。盛唐時代の美人図を
彷彿とさせる天平美人の図で、面貌描写の画技が優れている。


3、紺玉帯残欠(こんぎょくのおびざんけつ)
20191027-134704_20191102085401
 紺玉=青い宝石(ラピスラズリ)で飾った革帯。方形や半円形の
 紺玉を表側から銀の鋲で留めている。バックルは、銀に金メッキ
 を施した高級品。帯は小動物の皮を使用。一部欠けている。

4、螺鈿箱(らでんのはこ)
Img_20191027_134632
 上掲の紺玉帯の円形納め箱。檜材をろくろで成形し、表面
は黒漆塗り。表、側面には螺鈿や水晶などで、鳥や花の文様
を表わしている。華やかな円形の収納箱で正倉院の貴重品。

5、衲御礼履(のうのごらいり)
Img_20191027_134338
 爪先が反りあがった鼻高履とも呼ばれる浅型の靴。表面は赤く
染めた牛革で、真珠や水晶を嵌めた花型金具で飾ってある。
752年の大仏開眼会で聖武天皇が履いたとされる。

 1260年以上経過して、色鮮やかさを失わない靴や至宝の
数々を観て、長きに亘る多くの人々の管理努力に深甚の敬意を
表したい。日本人は凄い。

                     おわり

 

« 二上山の日の出。 | トップページ | 小望月が馬の背から昇る二上山。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二上山の日の出。 | トップページ | 小望月が馬の背から昇る二上山。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。