マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 小望月が馬の背から昇る二上山。 | トップページ | 気絶したメジロ »

2020年1月 7日 (火)

冬の二上山 美しい朝焼け。

令和2年1月7日

〇 大阪と奈良の府県境に聳える二上山。

 そびえると云っても標高が雄岳517m、雌岳474mなので

 歴史に無関心な人にとっては興味をそそる山ではなかろう。

〇 この山の西側にある太子町に住んで今年で44年になる

 が、今朝の二上山の朝焼けは秀逸であった。

写真下:午前6時56分 拙宅の庭より東方を望む。

20200107-065631

写真下:同上。左下に見える雌岳の右(南側)の眺め。

20200107-065700

〇 二上山は『万葉集』で「ふたかみやま」と詠まれた

 飛鳥人(あすかびと)にとっての霊山でもある。

 正月早々、いいものを見た。  弥吉

                     おわり

 

« 小望月が馬の背から昇る二上山。 | トップページ | 気絶したメジロ »

二上山あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小望月が馬の背から昇る二上山。 | トップページ | 気絶したメジロ »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。