マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 気絶したメジロ | トップページ | 宮城まり子さんを偲ぶ。 »

2020年3月 4日 (水)

早春の雨に烟る二上山

令和2年3月4日

20200304-113100
  写真上:小雨に烟る二上山 (太子町の拙宅庭で午前11時41分)

〇 明日は冬籠りの虫が這い出る“啓蟄”なのに、朝から肌寒い。

〇 早春の小雨のなか、靄に烟る二上山も中々趣がある。思わず

 カメラを向けた。

 

 尚、余談乍、

〇 二上山は、万葉集に「ふたかみやま」と詠まれ、様々な歴史の

 エピソードに彩られた著名な山である。古代、謀反の疑いで非業

 の死を遂げた大津皇子(おおつのみこ)の墓が雄岳の頂上にある

 ことでも知られる。

〇 二上山は死火山だが、火山活動によって出来た岩石は、古代

 以前から日本人の生活に多大な役割を果してきた。割ると鋭い

 刃物状になるサヌカイト石は、石器の原材料として利用された。

 また、凝灰岩は、古墳時代に家形石棺に利用された。金剛砂は、

 現在でもサンドペーパーなどの研磨材として利用されている。

 

〇 そして何と言っても飛鳥人にとって、西方に聳える霊山だった

 ことである。雄岳・雌岳の間に日が沈む様子から神聖な山岳として

 崇められてきたことである。

〇 また、遣隋使や遣唐使は、命がけで海を渡り、命がけで帰国して

 瀬戸内から大阪湾に入り、遥か東方茅渟の海の彼方に二上山の姿

 を眺めて、やっと懐かしい日本に帰還出来たことを実感したのである。

                           

                             おわり 

 

« 気絶したメジロ | トップページ | 宮城まり子さんを偲ぶ。 »

二上山あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気絶したメジロ | トップページ | 宮城まり子さんを偲ぶ。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。