マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

« 二上山の日の出。 | トップページ | 史上初の全面解体修理を終えた薬師寺東塔を見る。 »

2020年9月 7日 (月)

大東亜戦争戦死者への慰霊。

令和2年9月7日(月)

 

〇 小生(82才)の叔父(大正11年1月生まれ)は、昭和19年7月ビルマ

 で戦死した。満22才だった。丹波の山奥にある尋常小学校高等科2年

 卒業後、大手製糸会社尼崎工場で6年余勤務。赤紙が来たのは昭和

 17年12月、20才。働き盛りの青年だった。

 

〇 その叔父達戦没者の慰霊碑が京都・霊山観音にあることを知り、昨日

 (9月6日)、初めて霊前にお参りをさせてもらった。


写真下:京都・東山の麓にある霊山観音・本院

20200906-101639


写真下:歩兵60連隊の慰霊碑 「千歳輝」  昭和42年4月建立。

P11306341

〇 叔父が戦死したのは、小生が6才になる1ヶ月前。殆ど生活の記憶は

 残っていないのだが、カメラを持っていた彼が生前撮ってくれたスナップ

 写真、月刊雑誌、書籍、レコード類(歌謡曲、浪曲ほか)が大量に残って

 いたのだ。

〇 小生は幼年時から小学校時代に、これを徹底的に読み、観、聴きした

 ので、かなり ませた(大人びた)子供に成長してしていったのだ。


〇 小生がその後の人生において、学校では習わない諸々の知識・教養

 を豊富に持ち得たのは、幼年時に得た知識が嚆矢となっているのだ。


〇 叔父の実母(小生の祖母)は、彼の戦死を信じなかった。戦後、戦没者

 慰霊祭には参加しなかった。昭和42年4月に死去するまで、毎年の慰霊

 祭開催通知は(弁当引換券と共に)タンスの奥に終われた儘だった。後年

 (20年程前)、タンスにそれを見て、小生は祖母の思いに涙を禁じ得なか

 った。


〇 亡き叔父は、初めて、自分の血の通った甥にお参りしてもらい、喜んで

 くれただろうか。小生は、叔父へ感謝の念を伝え得て気が休まった。

                          

                           おわり   

 

 

 

« 二上山の日の出。 | トップページ | 史上初の全面解体修理を終えた薬師寺東塔を見る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二上山の日の出。 | トップページ | 史上初の全面解体修理を終えた薬師寺東塔を見る。 »

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。