マイフォト≪聖の闘魂≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 650 NHK杯 最後の雄姿。
     村山聖について、彼の師匠森信雄七段は後年 彼について こう語った。「私が村山聖を好きなのは、将棋にひたむきだったことと、病気のことも含めて一切グチを言わなかったことである。無念さや切なさ、遣り切れなさ、口惜しさ..その思いをすべて黙って将棋にぶっつけていたような気がする。」    聖は幼時より腎臓に重い疾患を持っており、生きること自体が闘いであった。いつまで生きられるかという思いを心の片隅に置き、名人を目指して指す彼の将棋は その必死さ において尋常なものではなかった。

マイフォト≪因島紀行≫ 

  • 050 地酒「本因坊秀策」
    碁聖 本因坊秀策の生誕地を訪ねて  アルバム(表紙)      上の写真は、村上水軍城
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2021年1月 3日 (日)

千歳碑へ初詣

令和3年1月2日(土)

 

〇 京都・東山 霊山観音の傍にある千歳碑(旧陸軍歩兵第60連隊

 慰霊碑)に初詣した。

 

写真下:殉国の英霊並びに大戦による犠牲者の冥福を祈念するため、
     昭和30年6月に建立された霊山観音。

20210102-1129051


写真下:旧陸軍第60連隊諸霊の偉勲を顕彰しその冥福を祈るため、
     昭和42年4月建立された慰霊碑 「千歳輝」碑。

20201004-104738

 

〇 小生(82歳)の叔父は、大東亜戦争敗戦の約1年前・昭和19年

 7月25日にビルマ・インパール作戦の戦闘で戦傷死した。

  22歳の若さだった。

 

〇 亡き叔父の実母(小生の祖母)は、終生、我が子の戦死を

 信じかった。遺骨一つ還って来ないのに、腹を痛めた我が子

 22歳の死を 村役場からの知らせだけで信じられようか。


〇 彼が出征したのは小生が5歳になる年で、生活を共にした記憶

 は残っていない。しかし、彼が小生の人生に与えた影響は計り知れ

 ない。(詳細は、本ブログ令和2年9月7日付「大東亜戦争戦死者

 への慰霊」をご参照賜度。) 然るに、叔父がインパールで戦病死

 した以外、予備知識のない小生だった。

 

〇 歳を経るに従って彼のことをもっと知りたいとの思いが嵩じてきた。

 そして、我が人生に多大な影響を与えてくれた亡き叔父に感謝の念を

 伝える方途はないかと思索した。


〇 そして京都府庁やネット等での調査により、昨年8月、やっと

 第60連隊の霊が祀ってある標記慰霊碑を知り得たのだった。


〇 昨年9月に初めてお参りして、碑を護持されている千歳碑護持会を

 知り、その活動(年間行事)の説明を受けた。 


〇 今日(1月2日)は、千
歳碑護持会による年間行事「千歳碑初詣

 の集い」があった。参詣者の中で、叔父と同時期に出征し 叔父とは

 同一部隊で、戦死が一日違いだという戦友のご遺族とも出逢った。


〇 「千歳輝」碑には、後年インパールの戦地で集められた石が聖石

 として戦友の御霊と倶に安置されていると聞いた。参詣は3度目だが

 叔父を身近に感じるところだ。長生きして詣で、亡き叔父に感謝を

 続けたい。

                       おわり

 

 

         

 

  

 

 

 

2020年9月 7日 (月)

大東亜戦争戦死者への慰霊。

令和2年9月7日(月)

 

〇 小生(82才)の叔父(大正11年1月生まれ)は、昭和19年7月ビルマ

 で戦死した。満22才だった。丹波の山奥にある尋常小学校高等科2年

 卒業後、大手製糸会社尼崎工場で6年余勤務。赤紙が来たのは昭和

 17年12月、20才。働き盛りの青年だった。

 

〇 その叔父達戦没者の慰霊碑が京都・霊山観音にあることを知り、昨日

 (9月6日)、初めて霊前にお参りをさせてもらった。


写真下:京都・東山の麓にある霊山観音・本院

20200906-101639


写真下:歩兵60連隊の慰霊碑 「千歳輝」  昭和42年4月建立。

P11306341

〇 叔父が戦死したのは、小生が6才になる1ヶ月前。殆ど生活の記憶は

 残っていないのだが、カメラを持っていた彼が生前撮ってくれたスナップ

 写真、月刊雑誌、書籍、レコード類(歌謡曲、浪曲ほか)が大量に残って

 いたのだ。

〇 小生は幼年時から小学校時代に、これを徹底的に読み、観、聴きした

 ので、かなり ませた(大人びた)子供に成長してしていったのだ。


〇 小生がその後の人生において、学校では習わない諸々の知識・教養

 を豊富に持ち得たのは、幼年時に得た知識が嚆矢となっているのだ。


〇 叔父の実母(小生の祖母)は、彼の戦死を信じなかった。戦後、戦没者

 慰霊祭には参加しなかった。昭和42年4月に死去するまで、毎年の慰霊

 祭開催通知は(弁当引換券と共に)タンスの奥に終われた儘だった。後年

 (20年程前)、タンスにそれを見て、小生は祖母の思いに涙を禁じ得なか

 った。


〇 亡き叔父は、初めて、自分の血の通った甥にお参りしてもらい、喜んで

 くれただろうか。小生は、叔父へ感謝の念を伝え得て気が休まった。

                          

                           おわり   

 

 

 

2020年3月30日 (月)

櫻・花見に出かけられない方々へ。

 

令和2年3月30日

〇 新型コロナウィルスの世界的拡散が急で、各界の著名人まで、感染

 入院や死亡の報が届き始めた。感染・死者急増中の米・ニューヨーク市

 の現状を考慮すると、日本でも2、3週間以内に大都市に於いて、感染

 爆発する危険性を孕んでいる。


〇 感染蔓延が各所に及んでいるが、感染経路が特定できない感染者が

 増加しているので、要注意である。日本人各人が、毎日の生活の中で、

 感染・死と向き合っていることを牢記し、節度ある行動に徹すべきである。


〇 ウィルスが治まるまでは、大勢集まる行事を行わない、大勢集まる

 処近寄らないことが肝要である。  


〇 時、将に花見の季節。万朶の櫻花の下、酒気を帯びて蹣跚と歩き度き

 御仁もあろうが、以下の写真を眺め、ぐっと自重の日々を送って欲しい。

 写真下:真っ青な空との見事な櫻(PL)。
20150402-015

  201803303
201803306
201803307

もっと、写真を見たい方は、本ブログ左欄のカテゴリー(花見・PLなど)

をご覧下さい。

                         おわり 

2020年1月28日 (火)

気絶したメジロ

令和2年1月28日

〇 約9年前の2月、自宅の掃出しの大きなガラス戸にメジロがぶつかり、
 一時気絶して動けなくなったことがあった。

〇 今日は、暖かい午後、自宅前で近所のお知り合いと話をしていると、
 ガレージの自家用車の窓に何か当たる物音がした。
何だろうと覗いて
 見ると、小さなメジロが白い腹毛を上にして踠いているではないか。両足
 を鈍く動かし、両目を開けたり閉じたりしている。直ぐに動かなくなって
 しまった。(写真下 12時30分-09)
20200128-1230091

〇 以前の経験では、10分位で正気に戻ったので不安はなかった。
 案の定、5分位で起き上がり、暫くすると左右の様子を窺がうように
 首を動かしだした。
 (写真下 6枚 12時33分~12:37)
             起き上がった直後のメジロ
20200128-1233371

20200128-123418

            ここは何処だろう?

20200128-123429

20200128-123431

20200128-123608

          飛び立つ寸前の様子(下)

20200128-123645

〇 事故が起こってから、10分位で飛べる力が戻ってきたのだ。
 暫く休息ののち、冬枯れの雑木林に向かって飛び立っていった。

 小さくあまりにも可愛いメジロさんの姿を皆さんもご覧あれ。

                      おわり

 

 

2016年6月 7日 (火)

コガタ スズメバチの巣。

〇  今朝、庭の棒樫の茂みで、コガタ スズメバチの巣を見つけた。

 以前、商売をしている小生に、「商売繁盛のため玄関に飾っておけば

 縁起が良い」と、貰ったことがあった。残念乍、毀れてしまって

 長持ちしなかった。

  早速、持主の居ないことを確認して、失敬した。大事に飾っておこう。

20160607_001

20160607_004

20160607_005

〇  この巣は、越冬を終えた女王バチが、5月頃に単独で巣作りをした

 もので、徳利かフラスコのような特異な形をしている。子育てのため、

 一匹で懸命に作ったのに、御免。

                                      おわり

2015年4月 4日 (土)

馬見丘陵公園(奈良) 花見。

○ 馬見丘陵公園へ花見に行った。2月に初めて散歩に行った時と
 
違って、桜、チューリップなどが芝生の緑と交じり合って、別天地へ
 迷い込んだような感覚に捉われた。散り始めた桜の花びらが風に
 誘われ舞った。

○ まずは、花に満ち溢れた公園内の風景をご覧あれ。

               写真の上でクリックすると、一杯に拡大します。20150402_006

20150402_001

20150402_002

20150402_004

20150402_005

               赤、白、ピンクの はなももの木。池の岸辺には
               沢山の亀が昼寝をしていた。20150402_011

               累集する古墳をうまく利用した都市公園には
               こんな静かな疎林スペースもある。20150402_012
                                         おわり

2015年3月27日 (金)

桜の咲き初めた狭山池の土手を散歩。

○ ひと月に一度、家人と共に、10数km離れた狭山池近くのショッピング
 
センターへ買い物に行く。

○ 昨日(3月26日)、大阪市で桜の開花発表があり、穏やかな日和だった
 
ので家人が買い物をしている時間を利用して近くの狭山池へ散歩に
 
出掛けた。

○ 狭山池は、7世紀前半に築造された日本最古のダム式ため池で、
 
平成の大改修により、広い堤に沿って周囲は桜の並木となっている。

○ 四季を通じて眺めが素晴らしく、周囲約2.85kmの土手道は恰好の
 散歩道(ジョギング道)として行き交う人が絶えない。

○ 広い堤に上がってみると、丁度、桜の花が咲き初めており、若木の中
 には、もう七分咲きの樹もあった。

               写真の上でクリックすると、一杯に拡大します。            27326_01

27326_02

27326_03
           池塘にある人工オブジェ。遠くの桜並木も今にも咲きだしそうな色。27326_04

                                             おわり

2015年2月23日 (月)

馬見丘陵公園(奈良)へ散歩。

20150223_001_20150223_001                                 写真の上でクリックすると一杯に拡大する

○ それは、大和平野のほぼ中央にある馬見丘陵(うまみきゅうりょう)にあった。古墳が集中している丘陵地をうまく利用して、豊かな自然を残しながら四季それぞれの趣を満喫できるように造られた都市公園だった。

○ 大阪・太子町の自宅より車で30分のところに、こんなに気分良く散歩
できる公園があることを知らなかった。何だか、バンカーのないゴルフ場を
散歩している気分になった。

○ 2月下旬という季節柄、クヌギ、コナラ、アベマキなどの高木は落葉し、
寒々とした風景だが、散歩道沿いの桜並木の梢にはもう春の訪れを感じ
させる膨らみがあった。園内は、四季を通じて美しい花木が一杯植えて
あり、百花繚乱の4、5、6月頃は、そのあざやかな色彩に見入り思わず
散歩
する足が止ってしまうのではないかと思う。

 これから、ひと月に1度は散歩に来ようと思う。折々の花を愛でる為にも。

20150223_001_20150223_002

20150223_001_20150223_004

                                  写真下:オタフクナンテン(メギ科)20150223_001_20150223_006

20150223_001_20150223_008

20150223_001_20150223_009

20150223_001_20150223_010

20150223_001_20150223_011                                           おわり

2014年2月14日 (金)

今冬 最高の積雪 (大阪・南河内 二上山の麓)

○  2月14日(金)未明から降り出した雪が、午前10時頃には約20cm

  積もった。今冬最高の積雪だ。
                    
自宅玄関前20140214_001_20140214_004

○  今日は午後1時より、いつも楽しみにしている 囲碁クラブの例会が

  予定されていたが、早々に中止の報が入った。残念だが天候には勝て

  ない。いつも車で行くのだが、車道が開かないので 仕方がない。

                   自宅前の町道(正午現在)20140214_001_20140214_007

                          おわり

2013年8月 2日 (金)

-電線類の地中化-  電柱・電線がなくなり、空が広がった! 

○ 大阪・南河内にある我が町 太子町。町の中心には聖徳太子の御廟

(墓所)があり、廟前には太子の菩提を弔うため創建された叡福寺がある。

その叡福寺山門石段下には観光バスなどの駐車場があり、町の中心を

東西に貫く府道(本年4月から町道となった)に繋がっている。Ts3r0005

○ 下の写真 2枚。 右側に叡福寺がある。

       (上は平成25年8月1日撮影で、電柱・電線がなくなりスッキリ。

       下は平成22年3月現在で、電柱・電線が景観を損っている。)                                            

                  (写真の上でクリックすると拡大するH2583

Photo_2
○ 平成17年6月施行の「景観法」に基づき、平成19年、町主導による

「叡福寺周辺景観町づくり事業」が動き出した。叡福寺のある太子地区の

府道沿いが「景観地区」に指定され、建築物の規模・外観、色などが制限

されることとなった。古い町並みが続く街道筋(府道)は幅員が狭いため

歩道が取れず、路肩の太い電柱も小中学生の登下校の邪魔になっていた

ので、電線など空中施設の地下埋設化を実施することとなった。

○ そして、先月(7月)末を以て、3年余に亘る工事が完了し、地区内約

800mの景観がスッキリと美しくなり、古い時代の潤いを取り戻した。

無論、従来朝7~9時だけ制限していた大型貨物自動車の往来は、終日

禁止となっている。

   電柱と電線のない空は広い! 家並に 落ち着き、風格を感じる!

・ 

マイフォト≪聖の青春≫   ↑ここをクリックして下さい

  • 140 シンフォニーホール前の並木道
    故村山聖九段のアルバム (表紙)   ↓ アルバムへ入る をクリックして下さい。