○ 平成4年12月28日。村山は米長、羽生との三者プレー・オフを制し王将戦への初挑戦権を獲得した。
○ 平成5年の年明け早々、森は村山を連れて大阪梅田のデパートに行き和服を仕立ててやった。紋付き袴である。
○ 谷川浩司王将に挑む第42期王将戦七番勝負は1月13日に静岡県で開幕。第2局に続く第3局は、2月9、10日
 滋賀県の彦根プリンスホテルで行われた。この対局で村山は、初めて師匠に誂えてもらった紋付き袴に身を包んだのである。