対局室には70人のファンが固唾をのんで見守っている。広い和室で、対局者と同じ高さの畳の上で、同じ空気と緊張感を共有している。